日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > ゴルフやテニスのやり過ぎで肘に激痛が…  > 3ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

ゴルフやテニスのやり過ぎで肘に激痛が…

ストレッチやエルボーバンドでの予防がオススメ

 荒川直樹=科学ライター

間違って使われがちなエルボーバンド

 

 こうしたエルボー痛の成り立ちから、予防・改善法の要となるのは、まず手首のお手入れだ。運動前には、上半身の準備運動とともに、手首や指の動きを司る前腕の筋肉のストレッチも念入りに行おう。また、エルボー痛の人のためにエルボーバンドが売られているが、これも上手に使えば効果があると池上教授は話す。

エルボーバンド
[画像のクリックで拡大表示]
エルボーを予防しようとするならば、骨の出っ張りより指2本分ぐらい手のひら寄りの筋肉に巻くのが効果的だ。製品名:バイオギアサポーター(ミズノ)

 例えば、多くの人が間違えがちなのは、痛む衝撃を抑えようとして、肘の骨の出っ張った部分に当てがちだ。しかし、池上教授は「エルボーバンドの目的は、前腕の筋肉を上から押さえつけることで、筋肉の瞬発的な収縮力が腱の付着部にダイレクトに伝わらないようにすること」と話す。エルボー痛を予防しようとするならば、骨の出っ張りより指2本分ぐらい手のひら寄りの筋肉に巻くのが効果的だ。また、エルボーバンドの役割は、スイングするときの衝撃吸収にもある。池上教授は「エルボーバンドは、ボールを打つ前にギュッとしめて、打ち終わった後は緩めておく方がよい」と話す。

 そして、中高年ゴルファーにとって大切なのはクーリングダウン。ラウンドを終了したら風呂、そしてビールと急ぎがちだが、全身のストレッチを行うことで、筋肉の緊張を緩め腱の負担を和らげ、血行をよくする。またエルボー痛のある人は、肘のアイシング(冷却)などを忘れないようにしよう。

短期的に効果が高いのはステロイド

 ゴルフ後の肘の痛みで日常生活にも支障を来すようなら整形外科に相談したい。池上教授は「中高年では、神経障害や靱帯損傷、骨折などエルボー痛でない場合もあるので、きちんと原因を診断してもらい、上腕骨内側上顆炎や上腕骨外側上顆炎であれば痛みをとる治療を行う」と話す。

 まずは、消炎鎮痛成分の入った貼り薬を試してみて、痛みがとれないようなら内服の消炎鎮痛剤を服用する。そして、短期的に最も効果が高いのはステロイドの注射剤だ。痛みのために眠れない、仕事の間は痛みを取りたいといった場合に用いられる。池上教授は「痛みが取れるので運動を続けてしまい、さらに腱に負担をかけ、最終的には腱断裂を生じて症状を悪化させることもあります。よく整形外科医と相談して、治療を行って欲しい」と話している。

 このほかエルボー痛が長期化した場合は、整形外科医の診察の下で理学療法士によるリハビリテーションを行うなど治療の選択肢は広い。「日常生活に支障を来すほどではないから」と痛みをがまんせず、積極的に治療に取り組みたい。

(次回は、クールビズで露出が増えがちな胸毛の対策についてお伝えします)

池上博泰(いけがみ ひろやす)さん
東邦大学医療センター大橋病院 整形外科/東邦大学医学部整形外科学講座 教授
池上博泰(いけがみ ひろやす)さん 1985年、慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学医学部整形外科学教室に入局。94年ハーバード大学留学。2011年、慶應義塾大学整形外科准教授。2012年、東邦大学医学部整形外科(大橋)准教授。2013年、同教授。日本整形外科学会専門医、日本手外科学会専門医、日本手外科学会理事・代議員、日本肘関節学会評議員、日本肩関節学会評議員、日本骨折治療学会評議員、日本関節病学会評議員、日本小児整形外科学会評議員、日本人工関節学会評議員。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.