日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > ゴルフやテニスのやり過ぎで肘に激痛が…  > 2ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

ゴルフやテニスのやり過ぎで肘に激痛が…

ストレッチやエルボーバンドでの予防がオススメ

 荒川直樹=科学ライター

 こうした肘の障害(以下、エルボー痛)は、痛みが生じる場所が肘の骨の近辺であることから、ボールをヒットしたときなどの衝撃が骨を伝わることで起きていると思われがちだが、主な原因はそうではない。

 エルボー痛は、腕を曲げたり、ひねったりする前腕部の筋肉が肘の関節に付着する「腱(けん)」の部分に炎症が起こる病気だ。東邦大学医療センター大橋病院の池上博泰教授は「腱は、体を動かすとき筋肉の収縮を骨に伝える働きをしている。筋肉は、年をとってもトレーニングで鍛えられるのに対して、腱は年相応に老化が進んでいく」と話す。これがスポーツを楽しむ中高年に腱の障害が多い理由だ。

 エルボー痛はなかなか治りにくい。とくに日常的に腕を使う仕事をしている人は長期化することも多い。

 しかし、筋肉と腱の仕組みを知ったうえで対処すれば、痛みを軽減することができるという。

筋肉の収縮が腱に伝わって痛みを生じる

 肘の痛みがエルボー痛であるかどうかを整形科医が判断するとき、まず確認するのは腱を押して痛み(圧痛)があるかどうかだ。そのためには触りやすい肘の骨の出っ張っている部分を目安とする(通常は腱に痛みがあるが、ひどくなって炎症が周囲に波及すると骨の上でも痛みを感じる)。外側、内側それぞれについて、骨が出っ張った部分およびその場所から手のひらに1cmくらい近い部分を押したときに、痛みを感じればエルボー痛が疑われる。

 エルボー痛が疑われる場合、整形外科医は、患者が反らせた手首に逆方向の力を加えて曲げたり(トムセンテスト)、患者の肘を軽く伸ばした状態で椅子を持ち上げたさせたり(チェアテスト)、患者に指を伸ばそうとさせた状態で中指を曲げたり(中伸展テスト)し、それぞれでどんな痛みが出るかを見て原因を探る。手首や指の動きを司る前腕の筋肉も腱を通じて肘とつながっているため、動きの異なる3つのテストを行うのだ。

 ゴルフエルボーは、スイングの際に肘がワキから離れすぎ、肘に負担がかかる場合や、肘が固まってほとんど回転せず、手首を中心にスイングするケースなどでも起こるという。いずれの場合も、原因は肘の動きだけにあるわけではない。池上教授は「人間の細やかな手の動きは、指先から肘、肩まで、たくさんの関節が筋肉を介して連動することによって動いている」と話す。こうした筋肉の動きが、年相応に老化した肘周囲の腱に負担をかけて、エルボー痛を生むのだ。

エルボーが疑われる場合の診断法
エルボーが疑われる場合の診断法
[画像のクリックで拡大表示]
整形外科医は、患者の手首を曲げたり(トムセンテスト)、肘を軽く伸ばした状態で椅子を持ち上げたり(チェアテスト)、指を伸ばした状態で中指を曲げたり(中伸展テスト)し、それぞれでどんな痛みが出るかを見て原因を探る。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.