日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > ヒゲ剃りで出血、腫れ物が…カミソリ負けを防ぐ方法は?  > 2ページ目

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

ヒゲ剃りで出血、腫れ物が…カミソリ負けを防ぐ方法は?

皮膚の損傷を最小限にするカミソリの選び方、剃り方

 荒川直樹=科学ライター

カミソリ負けの症状は3タイプ

 菊池院長は「一言で“カミソリ負け”と言っても、その症状は“肌荒れ”という言葉と同じぐらい漠然としている」と話すが、分類すると3タイプに分けられると言う。

タイプ1:主に皮膚バリアが損傷

 軽度のカミソリ負けのほとんどがこの段階で、ヒゲ剃りによって皮膚バリアが損傷された状態だ。ヒリヒリとした刺激を感じやすく、アルコールの入った化粧水などを付けると刺すような痛みを感じることもある。ヒゲ剃り後の、肌の赤味がなかなか取れないこともある。

 菊池院長は「カミソリ負けの初期段階と言ってもいい。とくに冬など空気が乾燥した環境では、皮膚の潤いがなくなり角質が毛羽立つために、カミソリを当てることではぎ取られやすい」と話す。

タイプ2:ニキビ(ざ瘡)、吹き出物が出る

 タイプ1の症状が進むと、バリアの損傷された皮膚の毛のう(毛穴の奥で毛根を包んでいる場所)に細菌が入りこみ、ニキビ、吹き出物など「毛瘡」(もうそう)と呼ばれるプツプツとした腫れ物ができる。多くは、ニキビと同じアクネ菌によるものだが、黄色ブドウ球菌などが感染すると「おでき」のように腫れてしまうことも。このカミソリ負けは、毎日のヒゲ剃りによって悪化しがちなため治りにくい。

プツプツとした腫れ物ができたカミソリ負け
プツプツとした腫れ物ができたカミソリ負け

タイプ3:その他のカミソリ負け

 皮膚のバリアが損傷されることで、アレルギーによる発赤(はっせき:炎症により充血して赤くなった状態)、かぶれなどの皮膚症状が起こることもある。カミソリの刃にも使われるニッケル、コバルト、クロムなどの金属によるアレルギーや、洗顔せっけん、髭剃り用フォーム、アフターシェーブローションによるアレルギー性皮膚炎などがある。

アレルギー性の皮膚症状を伴うカミソリ負け
アレルギー性の皮膚症状を伴うカミソリ負け
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.