日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > ヒゲ剃りで出血、腫れ物が…カミソリ負けを防ぐ方法は?  > 3ページ
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

ヒゲ剃りで出血、腫れ物が…カミソリ負けを防ぐ方法は?

皮膚の損傷を最小限にするカミソリの選び方、剃り方

 荒川直樹=科学ライター

1枚刃より3~4枚刃、「順目」が基本

 こうしたカミソリ負け、とくにタイプ1の状態を改善するには、皮膚のバリア損傷を最小限にするヒゲ剃りを心がけることが大切だ。まずはヒゲ剃り前には、しっかり保湿し、皮膚に潤いを与えておこう。理容室のようにホットタオルで顔を蒸らすのもいい方法である。

 使うカミソリは、切れ味がよく皮膚にキズを付けないものがよい。そういう意味では、1枚刃の使い捨てのものより、3枚刃、4枚刃のものの方が優れている。剃るときには低刺激性せっけん、シェービングフォーム(泡)などをつけて「順目で剃る」のが基本だ。

 そして、「何回も同じところを繰り返し剃るのは厳禁」(菊池院長)だ。自分の髭を1~2回できれいに剃れるカミソリを選び、剃れなくなって4~5回も擦るようになったら交換時期と思うべし。

 なお電気カミソリは、一見肌に優しそうだが、強く当てれば、意外に皮膚へのダメージは大きい。電気カミソリでカミソリ負けをするようなら、切れ味のよいカミソリで剃る方がよい場合もあるという。

 ヒゲ剃り後はきれいに石鹸を洗い流し、乾燥している時期、とくに室内に暖房が入っている時期には、肌に保湿効果のあるクリームなどを塗ろう。使いやすいものなら何を使ってもよいが、最近、皮膚科ではセラミドという角質層と同じ成分が入った保湿剤(ガルデルマ製「セタフィル」など)を使っており、セタフィルは市販もされている。低刺激で保湿効果が高い上、アレルギーの原因になりにくいという。痛みなどが長く続く場合は医師に相談してみるといいだろう。

赤味、プツプツは早めに皮膚科で相談を

 症状がタイプ2、タイプ3のときは、セルフケアに頼らず早めに皮膚科に相談して欲しい。「一見似た症状でも、使う医薬品がまったく異なることがある」(菊池院長)からである。

 例えば、タイプ2のニキビ、吹き出物に対しては、まずビタミンB2、B6を内服して肌荒れを抑えるとともに、必要に応じて抗菌剤の入った塗り薬などを用いる。それに対してタイプ3の場合は、アレルギー(かぶれ)の原因を突き止めるとともに、ステロイド剤などを用いて炎症を抑えることもある。菊池院長は「自己判断で市販の抗菌薬やステロイド剤などを用いると、逆に症状を悪化させることがあるので、できるだけ皮膚科で相談してほしい」と話している。

 フレッシャーズはもちろん、毎日ヒゲを剃り続けるビジネスパーソンにとって、カミソリ負けは意外に大きな悩みだ。正しいヒゲ剃りの方法と皮膚の知識を持つことで、爽やかな毎日を送ってほしい。

菊池新(きくち あらた)さん
医学博士、菊池皮膚科医院 理事長
菊池新(きくち あらた)さん 1962年、東京生まれ。87年、慶應義塾大学医学部を卒業。95年、慶應義塾大学医学部皮膚科診療科医長。96年、アメリカ国立衛生研究所(National Institute of Health)へ留学。98年、菊池皮膚科医院を開設。『そのアトピー、専門医が治してみせましょう』(文春文庫)、『Dr.菊池の金属アレルギー診察室』(東京堂出版)、『なぜ皮膚はかゆくなるのか』(PHP新書)などの著書がある。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.