日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 「こわい顔」「気むずかしい顔」をフレンドリーにしたい
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

「こわい顔」「気むずかしい顔」をフレンドリーにしたい

眉間のしわを最新のボトックス治療で解消する

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

 新入社員や異動でやってきた部下などで、新年度のオフィスはてんてこ舞い。課長のオレとしては、ニューカマーに早く水に慣れてもらいたく、優し~く振る舞っているつもりなのだが、なかなかなじんでもらえない。隣の課長には、軽口を叩く余裕もある彼らだが、なぜかオレの前では「金縛り」状態。どうしてなのか「お局さま」に聞いてみると「顔が怖いのよ」とつれない。確かに、視力が良くないせいか、顔をしかめるクセがあり、眉間には大きなシワができてしまう…。それで「気難しい」人間に見えるらしい。妻の意見は「頼りがいのある顔だけど、フレンドリーじゃないわね」だ。「男の顔は履歴書である」という名言はあるが、少しだけ優しい印象を持たれたい。
(イラスト:川崎タカオ)

 かつて日本には「頑固じじい」がいっぱいいた。眼光鋭く、額には深いしわが刻まれ、口を「への字」に曲げながらオレたちをいつも怒鳴りつけていた。

 そんな怖ろしい「頑固じじい」でも、時折違った表情を見せることもあった。初めて誕生した孫が、かわいらしい仕草をしたときなど、緊張した表情が和らぎ、しっかり結んでいた口もとが緩んでくる。そんな顔を見て「へえ」と思ったものだ。

 このように人間は、顔に豊かな感情が現れる動物だ。そして、その表情を作り出している筋肉が「表情筋」である。顔面、頭部、首の一部にある皮膚を動かす筋肉で眼のまぶたを動かしたり、食事のときに口を動かしたりする役割も担っている。

 毎日、人々のコミュニケーションに重要な役割を果たしている表情筋だが、あまり酷使し続けると、やがてあの「頑固じじい」のように、顔の印象が大きく変わっていくこともある。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.