日経グッデイ

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

認知症の親をみとった…子供にも同じ苦労を?

75歳が要介護の節目、元気なうちに介護施設の見学を

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

製薬企業の開発部門に勤務する56歳。昨年、認知症を患っていた父を自宅でみとった。最後まで面倒を見られたのは誇らしくも思うが、妻には在宅介護で大変な苦労をかけてしまった。落ち着いた今になって考えるのは「他にもっといい方法があったのではないか」ということ。後悔しているのではない。今後、自分や妻が認知症になったとき、子供たちに苦労をかけたくないと思うからだ。最近では、若い頃と比べて体力の衰えを感じるし、記憶力も低下気味。夫婦どちらかがボケてしまう前に、どう対処したらいいのかを決めておきたい。これも「終活」の一つだよね。
(イラスト:川崎タカオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 人類史上最高の速度で超高齢社会に突入した日本では、総人口に占める65歳以上の高齢者の割合が27.7%(出典:総務省 人口推計、2017年9月現在)となった。2012年には高齢者の7人に1人が認知症になっており、2025年には5人に1人になると推定されている(出典:平成29年版高齢社会白書)。

 しかも、これまでの研究で認知症の原因となる脳の加齢変化は、ほとんどの人に起きることも分かってきた。精神科医で国際医療福祉大学大学院特任教授の和田秀樹さんは「私が以前勤務していた浴風会病院では、亡くなった人の約半数を解剖していたが、85歳を過ぎて脳にアルツハイマー病の所見の全くない人はいなかった」と話す。認知症は、皮膚にシワができたり、髪が白くなったりするのと同じレベルの老化現象の一つなのかもしれない。

 私たちは、天寿を全うしようとすれば、最終的には認知症にならざるを得ない。「いつかは『ボケる』ということを前提に、早め早めにライフプランを立てておくことが大切だ」と和田さんはアドバイスする。

要介護の節目となる年齢は75歳から85歳へ

 いま40代の人が、人生後半戦のライフプランを立てようとするとき、節目となる年齢はいくつか。いわゆる「後期高齢者」と呼ばれるようになる75歳なのだろうか。この75歳という基準は、人類学者で老年学を専門としたシカゴ大学教授、ベルニース・ニューガートンが1974年に「75歳までは、ほとんど介護を必要としないし、高齢者特有の病気も少ない。分かれ目は75歳からだ」という考え方を発表したことをきっかけに設けられた。しかし、それから40年たった今では、介護が必要となる高齢者の境目は、より高くなっている。

 和田さんは「日本の年齢別要介護率を見ると、85歳以上の要介護者発生率は約5割にのぼる(出典:厚生労働省「介護給付費実態調査」、平成29年)。体が不自由になったり、認知症を発症して介護が必要となる年齢として、85歳が一つの節目になるといえそうだ」と解説する。実際、現在の介護問題は、後期高齢者になる75歳よりさらに10歳上の85歳以上の人口が爆発的に増えていることが最大の要因なのだ。

40代、親が70代のうちにコミュニケーションを

 この「85歳」という年齢を節目にしてライフプランを立てるとき、40代、50代で最初に意識するのは親の年齢だろう。40代では、親がボケるということを、まだまだ意識しにくいが、和田さんはこの年代で心掛けてほしいことがあるという。それは、親が70代のうちから、親とよくコミュニケーションをとっておくこと。「長期間、会ったり話したりしていないと、親の変化に気付けなくなることもある。認知症は進行する病気であり、初期のうちに気付けば問題が深刻化する前に対処できる」と和田さんはアドバイスする。

 では、認知症を初期のうちに発見するために重要なサインは何か。認知症のうち最も多いアルツハイマー病で重要なのは記憶障害だ。老化によるただの物忘れは、体験したことの一部を忘れている場合が多く、ヒントを与えると思い出すが、認知症の記憶障害は旅行などエピソードを丸ごと忘れてしまうことが多い。忘れてしまったことを本人が自覚しないのも認知症の特徴だ。こんな症状があれば、一度、老年科や精神科などで診てもらうといいだろう。

 また、高齢者の記憶障害は認知症以外にうつ病が原因のことも多い。和田さんは「60代、70代の人であれば、認知症よりうつ病のほうが多い。高齢者のうつ病は、薬が比較的よく効くので治ることも多いし、数年間は老化をくいとめられることも多い」と指摘する。

50代、良い介護のための情報戦が始まる

介護保険で受けられるサービスは、自宅に訪問して行われるものから、日帰りで施設に通い健康維持訓練などを行うデイサービス、自宅のバリアフリー化費用の支給など多岐に渡る。(c)PaylessImages-123RF

 そして50代。認知症に限らず、親の介護は突然やってくることも多い。親が急に倒れると、何から始めていいか分からずに気が動転してしまうこともある。だからこそ、親の年齢が80代に近づいた頃、一度は市町村の窓口「地域包括支援センター」で介護保険制度などに関する情報を収集しておくことが大切だ。

 例えば、和田さんは「2000年から開始された介護保険制度は、一部課題は残っているが全体としては良い制度」という。これを十分に活用することが大切だ。受けられる介護サービスも訪問介護、訪問入浴など自宅に訪問して行われるサービスから、日帰りで施設に通い入浴や食事、健康維持や機能訓練などを行うデイサービス、自宅のバリアフリー化のためのリフォーム費用の支給など多岐に渡る。

 ただ、こうした介護サービスの課題として、和田さんは「多くの人がたくさんの介護サービスを受けると、財政を圧迫してしまう。そのため行政からサービス内容が周知されていない傾向にある」と指摘。現状では、介護制度や支援サービスについて、たくさん情報を集めた人が得をする制度ともいえる。

 そこで和田さんが重要だと指摘するのがケアマネージャー(介護支援専門員)の存在だ。ケアマネージャーは主治医などと連携して、保険・医療・福祉、その他の生活支援サービスなどの社会資源を活用。在宅か施設かにかかわらず、高齢者がどんな心身状態になっても途切れることなく、その人の生活を支援してくれる。「親が軽度の認知症と診断されたなら、早めに介護保険を申請する手続きを開始し、市町村などが推薦してくれるケアマネージャーから、よく相談に乗ってくれそうな人を選ぶといいだろう。

60代、顔が分からなくなったら施設介護を検討

 現在の介護保険制度は、どちらかといえば在宅介護をする人に対して手厚く設計されている。しかし、認知症当事者の高齢化が進むなか、介護をする側の高齢化も進んでいる。日本では、まだ「親を施設に入れる」ということに抵抗を感じる人も多いが、在宅介護には限界がある。和田さんは「介護保険制度が始まって18年間で、優秀な介護士たちが育っている。自分たちの負担が大きくなり過ぎたらプロに任せるべき」だという。

 では、在宅介護から施設での介護に移行するのはいつなのか。和田さんは「認知症の場合、家族の顔が分からなくなったときが、一つの節目になる」とアドバイスする。介護者や家族のストレスも高まり、認知症当事者への虐待のきっかけとなることも少なくない。認知症の症状には波があるが、こうした兆候を感じ始めたなら、主治医と相談しながら、早め早めに介護施設を選ぶことが大切だ。

日本では「親を施設に入れる」ということに抵抗を感じる人も多いが、自分たちの負担が大きくなり過ぎたらプロに任せることも考えたい。(c)mykeyruna-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、代表的な施設として知られる特別養護老人ホーム(特養、介護老人福祉施設の一種)は社会福祉法人や地方自治体などにより運営される公的な介護施設だ。入所待機者が多く、なかなか入れないことでも知られているが、一度入所した人の多くはそこで余生を過ごすことになる。

 このほか、社会福祉法人や地方自治体、NPOなどによって運営される地域密着型の介護施設で、主に軽度の認知症高齢者を受け入れる「グループホーム(認知症対応型共同生活介護)」や民間の介護施設である「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」などもある。

良い介護施設を探すためのポイントは?

 良い介護施設を選ぶ基準な何だろうか。和田さんは「まずは見学や体験入居を行ってほしい」と話す。重要なのは、施設の文化を知ること。例えば、介護士が親ほども年が離れた入居者に対して「ちゃん」付けで呼ぶのは、認知症当事者を下に見ている現れだ。また、リハビリを兼ねて童謡などを歌わせる施設もあるが、入居者が本当に歌いたいのは元気な頃にカラオケで歌っていた歌かもしれない。

 これに対して、入居者一人ひとりを大人として尊重する文化があり、入居者の顔が穏やかで、落ち着いていることなどは良い介護施設の選択基準となる。それに加えて和田さんが重視するのは食事がおいしいこと。「介護施設の食事は、味付けが薄くておいしくないことも多い。健康のためということだろうが、この年齢の人に予防医学的な見地で献立を作ることにあまり大きな意味はない。むしろ、入居者がおいしいと感じる食事のほうが望ましい」とアドバイスする。

70代、自分たちの終の住まいを探す

 さて、40代、50代、60代と、自分や家族の認知症と向き合うためのベースとなる知識を紹介してきた。そして、60代後半から70代になって、親の面倒を見終えた人達に考えてほしいのは自分や伴侶の認知症対策だ。日本の70代は、まだまだ元気で「自分が認知症になったときのことは考えたくない」という人も多いだろうが、いざ認知症になってしまうと、自分で判断することが難しくなる

 自分が認知症になったとき、どのような介護を受けたいのか。70代の始めには、しっかり考えておきたい。両親の面倒を見た経験も参考になるだろう。例えば、その選択肢の一つになるのが民間の「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者住宅」だ。さまざまなタイプの施設があるが、「年をとって家事が大変になった」というレベルの人から入れる施設も多い。もちろん介護サービスも充実しているほか、医療機関を併設して最後までみとってくれる施設も少なくない。まさに終の住まいといえるだろう。

 和田さんは「問題は費用がかかることだが、子供に残すものが少なくなる分、子供に迷惑をかけずにすむと考える人が増えてきた」と話す。また、かつては高額の入居金を必要とする施設も多かったが、最近では入居時の負担がほとんどないかわりに、月々の負担が大きい施設が増えてきた。「自分に合わなかったり、病状が変化したときなどに他の施設に移りやすくなった」(和田さん)という。

 70代までに決めておきたい、人生最後のライフプラン。和田さんは、最後に一つのアドバイスを送る。それは「60代のうちに趣味を探しておくこと」(和田さん)だ。ビジネスマンは、仕事一途で趣味らしいものを持たない人も多い。そのため、リタイア後に人付き合いがめっきり少なくなり、人生の目標を失ってしまう。それが認知症でもないのにボケたようになったり、認知症になった際の進行の原因にもなる。釣りやカラオケなど、手軽にできることでいいので、リタイア後の生活の軸になる何かを見つけてほしい。

和田秀樹(わだ ひでき)さん
和田秀樹 こころと体のクリニック 院長
和田秀樹(わだ ひでき)さん 精神科医。1960年生まれ。東京大学医学部卒、東京大学附属病院精神神経科助手、アメリカ・カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、『和田秀樹こころと体のクリニック』院長。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)。一橋大学経済学部非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問。老年精神医学、精神分析学(とくに自己心理学)、集団精神療法学を専門とする。『テレビの大罪』(新潮新書)、『人は「感情」から老化する』(祥伝社新書)など著書は多数。