日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > ある日突然腕が上がらない…五十肩を防ぐ3つの簡単ストレッチ  > 2ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

ある日突然腕が上がらない…五十肩を防ぐ3つの簡単ストレッチ

“動きにくい肩”は将来の全身の運動不調を示すサインだった

 荒川直樹=科学ライター

肩の骨を意識しながら腕を振って歩く

背伸びストレッチ
鎖骨から大きく動かすような気持ちで腕を伸ばすと、肩の筋肉を大きく使うことができる。
[画像のクリックで拡大表示]

 肩の動作チェックで可動範囲が狭くなり始めていたら、若々しい肩を取り戻すための生活改善を行おう。といっても難しいことを始めるわけではない。仲野さんは「まずは背伸びをするように背筋を伸ばした姿勢で、肩の骨を意識しながら腕を振って歩くこと」だという。

 普段のパソコン作業などで丸まりがちな背筋を伸ばすことで、腕をきちんと振りながら歩けるようになる。肘はまっすぐ後ろに下げることが重要だが、このとき肩甲骨をしっかり動かすことを意識することが大切だ。手提げカバンは腕を振りにくいので、通勤時などはリュックタイプのビジネスバッグを利用してもいいだろう。

 屋内では、ときどき背伸びをしたり、腕を伸ばしたりする運動を行うとよい。鎖骨から大きく動かすような気持ちで行うと、肩の筋肉を大きく使うことができる。

仕事の合間にできる肩の運動

 仕事中の生活改善としては、可能な限りパソコンの使用環境を改善することが大切だ。モニターの位置が低いと、猫背の姿勢になり肩にも負担がかかるので、台などを置いて目の高さに配置するといい。またキーボードの高さも、できるだけ低くし、ひじが直角になっていると肩への負担が軽くすむ。そして、休憩できるときには、以下のような肩のストレッチをしてみよう。

(1)バルーンストレッチ
 立ったまま、背筋を伸ばして、軽くあごを引く。両手は両脇に下げた状態で、手のひらを外側に向けながら、下図のように肩甲骨を寄せる。めいっぱい息を吸って、3~8秒キープ。しっかり胸を開いて、上半身を伸ばす。

バルーンストレッチ
親指を後ろ側に向けた状態で真っ直ぐに伸ばした両腕を、肩甲骨を寄せながら後ろへ回す。
[画像のクリックで拡大表示]

(2)肩ねじり
 両腕を横に水平に伸ばして、右の手のひらを上、左の手のひらを下に向けた状態に腕をねじる。次に手のひらの向きを左右逆にした状態にねじる。肩甲骨から腕をねじるイメージだ。

肩ねじり
片方の手のひらを上に向け、もう片方は下に向ける。それぞれ逆になるように腕を回し、リズミカルに1分ほど繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.