日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 不妊に悩む妻、実は原因はオレにあるのかも…  > 3ページ
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

不妊に悩む妻、実は原因はオレにあるのかも…

男性の積極的な不妊治療が女性の体を守る

 荒川直樹=科学ライター

総運動精子数が少なくても改善手段あり

 この精液検査を行うと、いま自分がどれだけ女性を妊娠させる力があるかが分かる指標になる。最も重要なのは「1回の射精で、元気な精子がどれだけいるか」を表す総運動精子数。精子量×精子濃度×運動率で割り出す。

 総運動精子数が1560万以上の場合は、通常の性行為で妊娠する可能性があるが、それ以下の場合は数に応じて人工授精、体外受精、顕微授精など、いわゆる「生殖医療」の手助けを借りて妊娠を目指すことになる。ただ、精液検査の値は変動するので、1度悪い結果が出たとしても、数回繰り返すことで正常と診断されることもある。

総運動精子数が妊娠手段選択の目安に
総運動精子数妊娠方法の例
1560万以上通常の性行為で妊娠する可能 性があるが、1年以上不妊なら 専門医に相談を
1560万未満1000万以上人工授精が勧められるが、5回 以上で妊娠しないなら、体外受 精、顕微受精も検討する。
1000万未満体外受精、顕微受精が勧めら れている
東邦大学の資料より作成。女性が高年齢の場合などは、基準が異なる場合もある。

男性の15%にみられる精索静脈瘤が原因の可能性も

 では、何回かの検査で総運動精子数が足りないという結果が出たとき、すぐに「生殖医療」を考えなければならないのだろうか。永尾センター長は「これまではそうなりがちだったが、その前に精子数が足りない原因をよく調べ、適切な治療を行うことで改善することは多い」と話す。

 専門的な治療は非常にたくさんあるが、知っておいて欲しいのは日本の成人男性の15%に見られる病気である精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)が精子数の減少をもたらす場合があることだ。精巣に入った血液は枝分かれした静脈を通り、それがだんだんまとまりながら最終的には内精静脈となって大静脈へと戻っていく。このとき右の精巣の静脈は大静脈に直接戻るが、左の静脈は一度腎臓の静脈を経由する。このとき腎臓の静脈の圧力に負けると内精静脈の血液が逆流。枝分かれした精索静脈がコブのように膨れあがった精索静脈瘤となる。症状が進むと左の陰嚢(いんのう)がデコボコに膨らむこともある。

男性の15%にみられる精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)
[画像のクリックで拡大表示]
精巣から大静脈瘤に戻る血液が逆流して静脈瘤(血管のコブ)ができる。血液の逆流を防ぐ手術治療を行うと精液の状態が改善し、妊娠可能になることも多い。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.