日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 男盛りの57歳、時間のかかるオシッコを何とかしたい…  > 4ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

男盛りの57歳、時間のかかるオシッコを何とかしたい…

30秒以上かかるなら前立腺にかかわる病気を疑う

 荒川直樹=科学ライター

 そして、2014年の4月に新たな治療薬として認められたのがPDE-5(ホスホジエステラーゼ-5)阻害薬の「タダラフィル」(商品名:ザルディア)だ。実は、この成分はED治療薬として開発されたものだが、尿道の平滑筋をリラックスさせる作用を持つため、排尿症状を改善することができるのだ。高橋主任教授は、「タダラフィルには骨盤周りの血流を改善する効果が期待できるほか、αブロッカーに見られる射精障害などがない。医師は慎重に検討しながら、50代の患者に向けて投薬していくことになる」と話す。

予防にはメタボ改善。気になるがんとの関連

 前立腺の肥大について最近、指摘されるようになったのはメタボリックシンドロームとの関連だ。高橋主任教授は「糖尿病(高血糖)、肥満、高血圧、脂質異常症を持つ人に多く見られる傾向が分かってきた。その影響で前立腺内の血管内皮に障害が起きたり、微小な炎症が何回も修復される過程で組織の状態が変わる『線維化』の現象などが生じたりして、前立腺の肥大につながっていくと考えられている。若い頃から、肥満を予防するなど生活改善に務めることは、前立腺肥大症の予防にもつながる。

 また、中高年が気になるのは「前立腺が大きくなると、前立腺がんになりやすいのだろうか」ということだろう。これについて高橋主任教授は、「これらの病気は原因となる前立腺の組織部位が異なることが多く、前立腺肥大症が進んで前立腺がんになることはない」と話す。ただし、どちらも50代以降に発症率が急上昇することは知っておくといいだろう。

 そこで高橋主任教授が勧めるのは「男性は50代になったら一度は、病院の血液検査でPSA(前立腺特異抗原)を調べてみる」ということ。PSAは前立腺から分泌される生体物質の一つだが、前立腺がんになると血清中の濃度が高くなる(4~10ng/ml)。ただ、値が高ければすぐがんの治療が必要というわけではなく、前立腺肥大、前立腺炎でも上昇するので、自分の前立腺の状態を知るよいきっかけにもなるだろう。

 男50代。オシッコで気になる症状が現れはじめたら、早め早めに前立腺のチェックを受けることが大切だ。

(次回は、男性不妊のお悩みに答えます)

高橋 悟(たかはし さとる)さん
日本大学医学部泌尿器科学系 主任教授
高橋 悟(たかはし さとる)さん 1985年、群馬大学医学部を卒業。東京大学医学部附属病院、米メイヨークリニックなどの勤務、東京大学医学部助教授を経て、2005年より現職。2003年には、天皇陛下の「前立腺がん」の手術を担当する医療チームに加わった。排尿関連のトラブルでは、日中や睡眠中に突然の強い尿意におそわれる「過活動膀胱」や、排尿障害を引き起こす「前立腺肥大症」などの治療を多く手がけている。

先頭へ

前へ

4/4 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.