日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 男盛りの57歳、時間のかかるオシッコを何とかしたい…  > 3ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

男盛りの57歳、時間のかかるオシッコを何とかしたい…

30秒以上かかるなら前立腺にかかわる病気を疑う

 荒川直樹=科学ライター

 また、尿閉は一般的に前立腺肥大がかなり進んだときに起こるが、普段の排尿症状はそれほど気にならなくても、「宴会などで酒を飲んだとき」「かぜ薬、咳止めなどの医薬品を服用したとき」などがきっかけとなって突然尿閉が起こり、救急車で病院に運ばれるケースも少なからずある。アルコールは前立腺を充血させるし、かぜ薬、咳止めには尿道を収縮させる作用があるからだ。

 このような前立腺の急速な悪化に備えるため、早めに「自分の前立腺ってどんな感じ?」というチェックを入れておきたいもの。早期発見のために、高橋主任教授が勧めるのが「オシッコのタイムチェック」だ。

 健康な男性なら、便器の前に立って準備してから排尿を終えるまでに30秒はかからない。50代を過ぎたらオシッコをするとき、ときどき腕時計などで時間を計ってみよう。30秒を超えてしまったら「ついにオレもその世代に…」と考えたい。これに「オシッコが近くなった気がする」「夜何回もオシッコのために起きる」「映画を観ている途中でオシッコに立つようになった」といった蓄尿症状が重なるようなら、泌尿器科医に相談しよう。

 さらに1分以上かかるような場合は、排尿のスムーズさの指標として前立腺肥大症の診断にも使われる最大尿量率が10ml/秒以下であることが多い。ここまで悪化した場合は、「できるだけ早く泌尿器科で精密検査を受けて欲しい」(高橋主任教授)と話す。

ED治療薬と同じ成分が前立腺肥大症の治療薬に

 前立腺肥大症の「診断と治療」について、簡単に解説しておこう。前立腺肥大が疑われるとき、病院では問診時に「国際前立腺症状スコア(IPSS)」という質問票が使われる。質問票への回答を点数化し、8点以上だと中等度以上の前立腺肥大症の疑いがあると考えられる。医師は、さまざまな検査で症状の有無を確認するほか、超音波エコー検査による前立腺の大きさのチェックが行われる。健康なら20ml未満の前立腺の大きさ(容積)が、30ml以上あると積極的な治療の対象になる。

 質問票は製薬企業などのホームページ(参考ページ:「排尿トラブル改善・com」)でも公開されているので気になる人はチェックしてみるといいだろう。

 治療には手術治療と薬物治療がある。前立腺肥大症は少しずつ症状が進行する病気だが、尿閉を起こすリスクが高まっている場合には、尿道から挿入した電気メスで前立腺の一部を切り取り、尿道を広げる手術(経尿道的前立腺切除術)などが行われる。手術治療を必要とする前の段階で、症状を改善し患者のQOL(生活の質)を改善するのが薬物治療である。最も広く使われているのが「交感神経α遮断薬(以下、αブロッカー)」だ。尿道の「平滑筋」をリラックスさせる効果によって、尿の通りを良くすることができる。

 αブロッカーは、有効性が高く即効性もある薬剤だが、前立腺が大きくなるのを抑制できないので、症状が再び悪化することがある。そこで、新たなタイプの薬剤も登場している。一つは、前立腺の肥大に関わる男性ホルモンの影響を抑制するタイプの薬剤だ。最近使われるようになった「5α還元酵素阻害薬」は、男性ホルモンが前立腺に働く過程だけを選択的にブロックする薬剤で、飲み続けていると肥大した前立腺を小さくする効果がある。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.