日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 加齢臭と汗臭さにサヨナラ、爽やかオヤジと呼ばれたい  > 2ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

加齢臭と汗臭さにサヨナラ、爽やかオヤジと呼ばれたい

制汗剤や服のローテで匂いをマネジメントする

 荒川直樹=科学ライター

臭いの違いは何から生まれる?

汗と脂質が混ざったものを菌が分解して臭いを生む
[画像のクリックで拡大表示]
「アポクリン腺」から出る汗が「エクリン腺」の汗、「皮脂腺」の脂質などと一緒になり、表皮にある常在菌によって分解されて臭いを生む。

 では体臭が強い人とそうでない人がいるのはなぜか。その答えは汗、皮脂、菌の違いにある。まず、汗を分泌する汗腺には、全身に分布しておりサラサラとした汗を出す「エクリン腺」と、わきの下や下腹部などに多くベタベタとした汗を出す「アポクリン腺」がある。アポクリン腺から出る汗は、腺細胞の一部が分解され、タンパク質や脂質などが一緒に放出されるもの。それがエクリン腺の汗、皮脂腺の脂質などと一緒になり、表皮にある常在菌によって分解されて臭いを生む。これが体臭となる。

 アポクリン腺の数には個人差があり、多い人ほど体臭の原因物質が放出されやすいということになる。また、アポクリン腺の働きが活発な人は菌の種類も変わってくる。アポクリン腺が大好きな「コリネバクテリウム」などの菌が繁殖し、こうなった人は「鉛筆の芯の匂い」とも「納豆の匂い」ともいわれる、悪い意味での「男臭さ」を発散してしまう。

 そして、アポクリン腺が特に多く、コリネバクテリウムが大繁殖している場合は、ワキガ(腋臭症:えきしゅうしょう)と診断され、手術治療(保険適用)を含めた医療の対象になる。だが、「手術の対象となる人は、診察室に入ったとたん匂いを感じるような場合だが、日本人にはあまり多くない」(五味院長)そうだ。

耳垢が湿っている人は体臭に要注意

 五味院長は「アポクリン腺がやや多い程度の人は、自分で匂いをマネジメントできる」とアドバイスする。まずは、自分の汗腺がどのタイプかを知ることだが、五味院長が勧めるのは「耳垢」による判定だ。耳垢の湿りは、アポクリン腺の汗によるものなので、耳垢が湿っている人ほどアポクリン腺が多く、カリカリに乾燥した耳垢の人は少ない。しかも、耳垢が湿っている人、特にペースト状の人は、アポクリン腺の数とともに皮脂の分泌も多い。頭皮、耳、首筋などから匂いを発しやすいというから要注意だ。

 そして、自分の耳垢のタイプに応じた常在菌のコントロールが重要になる。これから暖かい季節になったら、毎日入浴して、わきの下、股間などを丁寧に洗うことは基本だ。「汗をかいてないから大丈夫」と無精することなかれ、一番の目的は汗を流すことでなく、1日の間に増えた常在菌の数を減らすことだ。特に皮脂腺の働きが活発な部位(下図)は、しっかり洗おう。

皮脂腺の多い部位
[画像のクリックで拡大表示]
1日の間に増えた常在菌の数を減らすため、皮脂腺の活動が活発な部位を特にしっかり洗おう。図中に示したほか、後頭部、耳の後ろ、首筋も皮脂腺が多い。

 そして、体臭が最も強くなる可能性が高い(耳垢が湿っている)タイプの人は、わきの下などにスプレーする制汗剤などに殺菌作用の強いタイプを選びたい。これらには「クロルヒドロキシアルミニウム」など毛穴を収縮させる成分や「銀」、「パラベン」などの殺菌成分が含まれている。ただ、頻繁に使うと皮膚常在菌を極端に減らし、逆に健康を損ねることもあるので、体臭がそれほど強くないタイプ(耳垢カリカリ)の人は、マイルドな毛穴収縮作用や殺菌作用を持つ「ミョウバン」などの成分を含む製品を選ぶといいだろう。

 大切なことは自分の体質にあったマネジメントをしっかりすることで、「もしかして自分は臭いのかなあ」といった不安も払拭することができる。さらに、匂いの発生源は体よりも衣服になる場合も多い。外回りの営業マンなど、汗をかくことが多い人は、着替えのTシャツなどをいつも準備しておくといいだろう。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.