日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 頭を清潔にしても解消しない頑固なフケ、どうすればいい?  > 2ページ目
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

頭を清潔にしても解消しない頑固なフケ、どうすればいい?

定石通りの対策法が通用しない複雑怪奇なケースも

 荒川直樹=科学ライター

乾いたフケは「保湿」、湿ったフケは「洗浄」で対策

 フケには脱落する表皮細胞と皮脂が混ざっている。皮脂が少なく角質の水分量が少なければ「乾性フケ」、皮脂や水分の割合が多ければ「湿性フケ」と分類される。例えば、高齢者などに比較的多いのは頭皮の乾燥によって起こる乾性フケ。

 乾性フケは、皮脂の分泌が少なくなることによって、頭皮がダメージを受けた結果として生じるが、アレルギーによっても同様の症状が起こるケースもある。その予防と対策は、保湿が重要となる。毎日洗髪したり、頭皮を強くこすって洗ったりするなどの洗い過ぎに注意すると同時に、低刺激のシャンプーやコンディショナーに替えると症状が改善することが多い。

 一方、頭皮から分泌される皮脂が原因で起こるのが「湿性フケ」である。

 私たちの皮膚には「マラセチア」と呼ばれるカビの仲間が常在菌として住んでいる。皮脂はマラセチアによって脂肪酸という物質に分解されるが、その過程で頭皮を刺激し炎症を起こす。これによって「かゆみ」が生じるとともに、頭皮がまとまってはがれたのが「湿性フケ」になるわけだ。ビタミンB群の不足やマラセチアが原因で顔面や頭部に起こる炎症性疾患を「脂漏性皮膚炎」と呼ぶ。湿性フケは軽度の脂漏性皮膚炎ともいえる。

 湿性フケの予防と対策は、まずは頭皮を清潔に保つことが大切だ。一般的には洗髪は毎日するのが原則だが、洗い過ぎで逆に炎症を強くしてしまう恐れもあるので、低刺激のシャンプーを使うといいだろう。また、かゆみなどの症状が強い場合は、「コラージュフルフル」などの、菌類の生育を阻害する「抗真菌剤」(こうしんきんざい)を含んだシャンプーが効果的な場合もある。

フケには「乾性フケ」と「湿性フケ」がある

フケの種類乾性フケ湿性フケ
頭皮乾燥脂っぽい
質感・さらさら(パラパラ)
・肩まで落ちることが多い
・ジメジメ(しっとり)
・くしや髪にまとわりつく

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテクNEW

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.