日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 「武者震い」はなぜ起きるの?
印刷

おとなのカラダゼミナール

「武者震い」はなぜ起きるの?

生き残りをかけた戦いの場で体温は上がる

 佐田節子=ライター

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

 前回「風邪で熱が高いのに、ぞくぞく震えるのはなぜ?」 では、風邪やインフルエンザのときに体が震えるのは、体温を上げてウイルスや細菌の増殖を抑えるためと説明した。では、同じ震えでも「武者震い」となるとどうか。緊張や恐怖を感じたりしたときにも、震えたり鳥肌が立ったりすることがある。これも寒さや風邪のときと同様、体温を上げるためのものなのだろうか。

 そもそも風邪のときに熱はどのようにして上がるのか。前回お話をうかがった、京都大学生命科学系キャリアパス形成ユニット准教授の中村和弘氏によると、発熱や身震いなどの症状の強さは、「プロスタグランジンE2」という“発熱物質”の量で決まるという。「プロスタグランジンE2は風邪やインフルエンザにかかると脳の血管壁で作られる。感染したウイルスや細菌の量が多いほど、この物質も多く作られます」。(詳細は2ページの囲み記事参照)

 ところが、緊張や恐怖で体が震えたり、鳥肌が立ったりするときは、プロスタグランジンE2に出番はないそうだ。「精神的なストレスは確かに発熱の原因になりますが、プロスタグランジンE2とは関係なく起こることがわかっています。解熱鎮痛薬はプロスタグランジンE2の産生を抑えることで熱を下げますから、厄介なことに、このような『心因性発熱』ではこの薬が効かないのです。私たちは今、心因性発熱が生じる脳内の仕組みを明らかにしようとしているところです」と中村氏。

 その研究の一環として、次のようなラットの実験を行ったという。

 大きくて凶暴なラットが入っているケージ内に、小さなラットを入れる。すると小さなラットは凶暴なラットから攻撃を受ける。怪我をしない程度のところで、2匹の間に金網の仕切りを作って、それ以上攻撃されないようにする。しかし、小さなラットは間近にいる凶暴なラットの影に怯えて、常に精神的なストレスを受けることになる。小さなラットには気の毒な限りだが、このようなストレスは「社会的敗北ストレス」と呼ばれるそうだ。

 さて、するとどんなことが起こるか。この状態で1時間ほど過ごすと、小さなラットの体温は39度にまで上がるという。平熱が37度だから2度も上昇したことになる。

 「この状況は、敵に狙われて命の危険にさらされる高度なストレス環境。生存競争の中で、『Fight or Flight』、つまり『戦うか、逃げるか』という究極の選択を迫られるような状態です。そのような環境下で体温が上がるのは、温めることで体の動きを最大限に高めようという、生き残りをかけた反応だと考えられます。筋肉の動きも、神経の働きも、体温が少し高い方がよくなりますからね。目の前の敵と戦うにしろ、逃げるにしろ、体を温めることで身体のパフォーマンスを上げ、生命の危機を切り抜けようとしているわけです」(中村氏)

武者震いで体温を上げ自らを鼓舞する!?

武者震いは、体温を上げ、身体のパフォーマンスを上げるための反応?(©Rossella Apostoli/123RF.com)

 実は恐怖などで毛が逆立つのも、体温上昇にかかわる反応だという。「交感神経の働きによって立毛筋(りつもうきん)が収縮すると、毛が立って、そこに空気の層ができます。それが体温を逃がさないように働き、体温上昇に寄与するわけです」と中村氏。人間の場合は体毛が少ないため、こうした断熱効果は期待できないが、恐怖や寒さで鳥肌が立つことは珍しくない。これはサルからヒトへの進化の名残りなのだそうだ。

 では、戦いに臨む際の「武者震い」にもそのような意味があるのか。「寒冷時や発熱時と同様に骨格筋を震えさせることで体温を上げ、身体的なパフォーマンスの向上に役立てようとしているのかもしれません」と中村氏は言う。難敵に立ち向かう自分を鼓舞し、心身のテンションを最大限に上げようとしているわけだ。ただし、「あまり震え過ぎると、敵に立ち向かうにはかえって不利な状態になると思いますが…」(中村氏)。

 もっともな話である。力みすぎると空回りする。とは言え、武者震いはコントロールし難い。人間のカラダは、かくも不思議で、悩ましい。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.