日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 「武者震い」はなぜ起きるの?  > 2ページ
印刷

おとなのカラダゼミナール

「武者震い」はなぜ起きるの?

生き残りをかけた戦いの場で体温は上がる

 佐田節子=ライター

“発熱スイッチ”をオンにするプロスタグランジンE2の働き
脳内で作られた発熱物質を感知する神経細胞
[画像のクリックで拡大表示]
脳における体温調節の司令塔(視索前野)にある神経細胞。細胞表面の緑色に光っている部分に発熱物質(プロスタグランジンE2)が結合する。 (写真提供:中村氏)

 風邪をひいたと思ったら、いきなりガタガタ震えてきて、熱がぐんぐん上がってきた…。そんな激しい症状は、強い感染に見舞われてプロスタグランジンE2が大量に作られた、そんな反応の結果だ。もっとも、高齢者や筋肉量の少ない女性などは、熱を作る力が弱いため、高熱になりにくい傾向があるという。

 急きょ作られたプロスタグランジンE2はその後、脳内でどう働くのか。「体温調節の中枢である『視索前野』の神経細胞に作用します。私たちの研究では、この神経細胞にはプロスタグランジンE2の受け皿となる『受容体』があり、そこにこの物質がくっつくと、それが引き金となって視索前野から『体温をこのくらい上げなさい』といった体温上昇の指令が下ることがわかりました。いわば“発熱スイッチ”がオンになるわけです」(中村氏)。

風邪をひいて体温が上がる仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

 そして、その“設定温度”にまで体温を上げるべく、体は血管を収縮させて放熱を防いだり、褐色脂肪を燃やしたり、筋肉を震わせたりして、せっせと熱を作り出し、体に侵入してきた病原体と戦う。そうして戦いが峠を越して感染が下火になると、脳内でのプロスタグランジンE2の産生も止まり、視索前野からの指令は「体温を平熱に戻せ」というものに変わる。

 すると体は皮膚の血管を拡張させて熱を逃がしたり、発汗を促したりして体温を下げる方向へとシフトする。風邪で熱が高くなったとき、「汗が出てきたらもう大丈夫」などといわれる。まさしく汗は解熱のためのものであり、風邪終息のサインでもあるのだ。

 発熱は病原体と戦うために必要な体の反応だが、あまりに高熱になると逆に体へのダメージが大きくなる。「熱がひどい場合は医師に相談して、解熱剤で熱を下げたほうがいい」と中村氏は話している。

中村和弘(なかむら かずひろ)さん
京都大学生命科学系キャリアパス形成ユニット准教授
中村和弘(なかむら かずひろ)さん 1997年、京都大学薬学部卒業。2002年、同大学大学院薬学研究科博士後期課程修了。薬学博士。専門は生理学、神経科学、自律神経学。米国オレゴン健康科学大学博士研究員、京都大学生命科学系キャリアパス形成ユニット講師などを経て、2014年から現職。体温調節や感染性発熱、ストレス反応などの自律生理機能にかかわる脳内メカニズムの研究に携わる。寒冷時や発熱時の「ふるえ」がどのような脳神経回路の仕組みから生じるかを世界で初めて解明し、注目される。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.