日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 若すぎる見た目は大病のサイン?
印刷

おとなのカラダゼミナール

若すぎる見た目は大病のサイン?

舌、爪、顔に隠されている病気のサインにご注意【後編】

 佐田節子=ライター

 人の健康状態を見た目から診断する「望診」。漢方3000年の歴史が凝縮された“見た目の診断学”だ。前回は、日本薬科大学教授の丁宗鐵氏に、舌や爪の状態から健康を推し量る技を紹介してもらった。続けて今回は、皮膚の色や見た目の若さなどから健康状態を判断するための知恵をお伝えしよう。

手のひらや鼻の赤みは肝臓病のサイン

 手のひらや指先、顔色が白っぽいのは、貧血ぎみの場合に見られるが、一方、赤い場合はどうか。「肝臓に何らかの問題があることが多いです。特に、手のひらの親指や小指の下にある盛り上がった部分が赤くなっていたら、慢性肝炎や肝硬変などの病気が進行している可能性があります」と丁氏。これは「手掌紅斑」と呼ばれるもので、肝臓病のサインだという。

 また、日焼け後の状態にも注意したい。もし鼻のてっぺんなど1カ所だけがやけに赤く焼けていたり、その赤みが2、3日たってもひかなかったりするなら、肝臓などの病気の前兆の恐れがあるという(図1)。「以前より日に焼けやすくなった、日焼けした肌が異常に黒いといった場合も要注意。一見、健康そうに見えますが、実は肝臓の排泄機能が低下して、色素沈着を起こしやすくなっていることが多いのです。また、過度な日焼けは、メラニン色素の排泄などで肝臓に余計な負担をかけることにもなります」(丁氏)。

図1◎ 鼻のてっぺんの赤みは肝臓病のサインの恐れ
日焼け後の赤みが2、3日たってもひかないようなら、過度の飲酒などで肝臓が弱まっていないか注意しよう。

 パソコン作業や寝不足などが続き、目の下にクマができている人もいるだろう(図2)。単なる目の疲れと思いがちだが、これは脳の状態も反映しているという。「目は脳の“出先機関”といわれています。目だけでなく、脳でも充血やうっ血が起こり、血流が悪くなっていると考えられます」と丁氏。脳は硬い頭蓋骨に囲まれた閉鎖空間。そのため、うっ血の影響が出先機関である目の縁に現れてくることがあるのだという。「クマのある状態を長年続けていると、将来、脳梗塞などの病気を起こす危険性もあります」と丁氏は指摘する。

図2◎ 目の下のクマは脳の状態を反映している
脳の血流が悪くなっていることを示すサインで、クマのある状態が長く続くと、脳梗塞などの病気につながる恐れがある。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.