日経グッデイ

おとなのカラダゼミナール

若すぎる見た目は大病のサイン?

舌、爪、顔に隠されている病気のサインにご注意【後編】

 佐田節子=ライター

 人の健康状態を見た目から診断する「望診」。漢方3000年の歴史が凝縮された“見た目の診断学”だ。前回は、日本薬科大学教授の丁宗鐵氏に、舌や爪の状態から健康を推し量る技を紹介してもらった。続けて今回は、皮膚の色や見た目の若さなどから健康状態を判断するための知恵をお伝えしよう。

手のひらや鼻の赤みは肝臓病のサイン

 手のひらや指先、顔色が白っぽいのは、貧血ぎみの場合に見られるが、一方、赤い場合はどうか。「肝臓に何らかの問題があることが多いです。特に、手のひらの親指や小指の下にある盛り上がった部分が赤くなっていたら、慢性肝炎や肝硬変などの病気が進行している可能性があります」と丁氏。これは「手掌紅斑」と呼ばれるもので、肝臓病のサインだという。

 また、日焼け後の状態にも注意したい。もし鼻のてっぺんなど1カ所だけがやけに赤く焼けていたり、その赤みが2、3日たってもひかなかったりするなら、肝臓などの病気の前兆の恐れがあるという(図1)。「以前より日に焼けやすくなった、日焼けした肌が異常に黒いといった場合も要注意。一見、健康そうに見えますが、実は肝臓の排泄機能が低下して、色素沈着を起こしやすくなっていることが多いのです。また、過度な日焼けは、メラニン色素の排泄などで肝臓に余計な負担をかけることにもなります」(丁氏)。

図1◎ 鼻のてっぺんの赤みは肝臓病のサインの恐れ
日焼け後の赤みが2、3日たってもひかないようなら、過度の飲酒などで肝臓が弱まっていないか注意しよう。

 パソコン作業や寝不足などが続き、目の下にクマができている人もいるだろう(図2)。単なる目の疲れと思いがちだが、これは脳の状態も反映しているという。「目は脳の“出先機関”といわれています。目だけでなく、脳でも充血やうっ血が起こり、血流が悪くなっていると考えられます」と丁氏。脳は硬い頭蓋骨に囲まれた閉鎖空間。そのため、うっ血の影響が出先機関である目の縁に現れてくることがあるのだという。「クマのある状態を長年続けていると、将来、脳梗塞などの病気を起こす危険性もあります」と丁氏は指摘する。

図2◎ 目の下のクマは脳の状態を反映している
脳の血流が悪くなっていることを示すサインで、クマのある状態が長く続くと、脳梗塞などの病気につながる恐れがある。

年齢不相応の若々しさは危険信号

 実年齢より若く見られると、誰でもうれしい。だが、それも程度もの。年齢不相応の若々しさは、むしろバランスを失った状態であり、不健康の表れと漢方では見なされる。たとえば、還暦を過ぎたのに、シワやたるみが少なく、髪は染めてもいないのに黒々とし、いつも元気いっぱいに飛び回っている。美容整形をしているわけでもないのに、見た目はせいぜい50歳くらいにしか見えない…。そうした人たちは“アンチエイジングな人”の見本のように思えるが、「実はこのタイプの人は知らないうちに心臓病や糖尿病、がんなどの病気が進行していることがあり、ひとたび患うと症状が重くなりやすいのです」と丁氏。これはどういうことなのだろうか?

 漢方では、体質を大きく「虚証」(きょしょう)、「中庸」(ちゅうよう)、「実証」(じっしょう)に分類する(表1)。虚証は体力がなく、無理の利かない体質。一方、実証は元気で体力があり、睡眠不足でもばりばり仕事をこなす。そして中庸はその中間で、最もバランスが取れた、病気をしにくい状態だ。

 「虚証も実証もバランスの崩れた状態であり、その偏りが大きくなるほど病気になりやすいといえます。特に、実証は体力があるので知らず知らずのうちに無理を重ね、ある日突然、病に倒れてしまうことがあります。病気に対する反応も強いので、症状が激しく出て、大病になりやすい傾向も。見た目が実年齢より10歳も若いような人は、この実証タイプがほとんどなのです」と丁氏は説明する。

表1◎ 漢方では「虚証」「実証」ともバランスの崩れた状態
実証中庸虚証
体つき筋肉質どちらともいえない痩せ型、あるいは 水太り
行動範囲広い・スポーツ好き狭い・引きこもりがち
大きい小さい
顔つや良い青白い
食欲食事は早く大食い食は細い・ゆっくり食べる
疲労感じない・体力に自信あり疲れやすい・体力に自信なし
疲労回復早い遅い
健康健康的健康に不安
風邪への抵抗力ありなし
脈・血圧力強い・高血圧細く弱々しい・低血圧
着衣状況薄着厚着
手足の冷えなし・冷えに強いあり・冷えに弱い
飲食冷飲食を好む温飲食を好む
生活不規則・寝食を忘れることがある規則的
徹夜翌日もほぼ大丈夫できない・翌日寝込む
どちらにも偏らない「中庸」の状態が、理想的なバランスの取れた状態。表は、丁宗鐵氏が院長を務める百済診療所のホームページの資料を基に編集部で作成。

 あまりに老けて見られるのも問題だが、若すぎるのも良くないというわけだ。「例えば、歴代の総理大臣を振り返っても、髪が黒々として、若々しくエネルギッシュに動き回っていた人は、突然、心臓や脳卒中などの病で倒れることが少なくありません。一方、年とともに筋肉も脂肪も徐々に落ち、髪も白くなり、枯れるように年を取っていった人は、大病もせず、元気で長生きをしていることが多い。故・三木武夫さんや村山富市さんらはその典型ですね」(丁氏)。

 そこでセルフチェック。実年齢と見た目年齢にどれだけギャップがあるか、職場や飲み会などで「何歳に見える?」と周囲の人に聞いてみよう。その回答の判定法を丁氏はこんなふうに教えてくれた。「年齢相応に見られたら、安心してください。もし5歳若く見られたら、喜んでください。しかし、仮に10歳も若く見られたら、喜んでいる場合ではありません。一度、漢方の専門医に診てもらうことをお勧めします」(丁氏)。

丁宗鐵(てい むねてつ)さん
日本薬科大学 教授
丁宗鐵(てい むねてつ)さん 1947年、東京都生まれ。横浜市立大学医学部大学院修了。医学博士。米国スローン・ケタリング癌研究所客員研究員、北里研究所東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院医学系研究科生体防御機能学講座客員助教授、東京女子医科大学特任教授などを経て、百済診療所(東京都中央区)を開設。日本薬科大学教授も務める。『その生き方だとがんになる』(新潮文庫)など著書多数。