日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 「だまし絵」が人により違って見えるのは何故?
印刷

おとなのカラダゼミナール

「だまし絵」が人により違って見えるのは何故?

人が見ているのは“脳が編集した画像”だった

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

 この女性の絵は、多くの方が一度は目にしたことがあるだろう。若い女性のななめ後姿と、歳老いた女性の横顔が入れ子になっているこの作者不詳の絵には「妻と義母」というタイトルが付いている。

だまし絵「妻と義母」
[画像のクリックで拡大表示]
若い女性のななめ後姿に見えたり、歳老いた女性の横顔に見えたりする。この絵にはさまざまなバリエーションがあるが、現在わかっている最古のバージョンがこれ。1888年のドイツの絵はがきに使われていたものだ。

 絵や図形のなかに、異なる見え方が隠されているこの種の絵は、「だまし絵」と呼ばれる。人によって見え方が違ったり、見続けているうちにふと見え方が切り替わったりする不思議さを楽しむ、一緒のトリックアートだ。

 同じものを見ているのに見え方が違うのは、考えてみると不思議な現象だ。いったいどんな仕組みで起きるのだろう。

 「心理学的には多義図形と呼びます。複数の見え方のうち、一方を脳が選ぶのです」

 こう話し始めたのは、日本女子大学人間社会学部教授の竹内龍人さん。だまし絵現象を通じて、人間の知覚のメカニズムを研究している。

 ほほう、脳が選択するのですか。

 「片方の見え方が意識に上がっているときは、もう一方の見え方が消える。2つの見え方を同時に見ることはできません。脳がスイッチを切り替えることで、同じ絵なのに、違うものに見えるのです」と竹内さんは言う。

複数の見え方を切り替える、脳のメカニズムがある

 見え方の個人差はなぜ生じるのか。一般には、自分が興味を持っている対象ほど見えやすいと考えられているそうだ。

 さらに、「脳機能の視点からは、『二つの見え方が切り替わりやすいかどうか』の個人差が注目されています」と竹内さんは話す。

 こちらの動画は、日本のグラフィックデザイナーが作成したもの。ダンサーのシルエットがクルクル回転している(ように見える)映像だ。

 あなたの目には、ダンサーがどちら向きに回っているように映るだろう?

錯視動画「Silhouette Illusion」
[画像のクリックで拡大表示]
グラフィックデザイナー茅原伸幸氏が作成した、シルエット動画。(実際の動画はこちら

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.