日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 見た目で健康かどうか、わかるの?  > 3ページ目
印刷

おとなのカラダゼミナール

見た目で健康かどうか、わかるの?

舌、爪、顔に隠されている病気のサイン【前編】

 佐田節子=ライター

爪に出る横線は体の悲鳴

 爪は皮膚の一部。体調が悪いときは肌の調子が悪くなるように、爪にも健康状態が反映される。「爪は約3カ月で生え替わる。つまり、そこには3カ月分の健康情報が凝縮されています」と丁氏。その“情報”の一つが、爪の表面に少しへこんだ形で現れる横線だ(図1)。左右すべての爪に同じように出現する。実は、これはその部分の爪が作られたとき、体がとても過酷な状態にあったことのサインなのだそうだ。たとえば、仕事がハードで徹夜が続いた、インフルエンザにかかって何日も寝込んだ、女性ならひどい月経痛に苦しめられた、など。「本人はこのくらい大丈夫と思っていても、爪に横線が出ているようなら、明らかに赤信号。体が悲鳴を上げていることに気付いてください」と丁氏は助言する。

図1◎ 爪にできた横線に要注意
図1◎ 爪にできた横線に要注意
[画像のクリックで拡大表示]
爪の表面に少しへこんだ形で現れる横線は、その部分が作られたとき、体がとても過酷な状態にあったことを示すサイン。一方、縦線は加齢とともに現れるので、中高年以上なら心配しなくてよい。

 なお、爪には縦線が現れることもあるが、これは爪の「作りムラ」のようなもので、加齢や体力の低下が主な原因。20、30代で縦線がたくさんできるなら要注意だが、それ以外の場合はあまり心配しなくていいそうだ。

 また、爪の生え際に、白く弧を描く「爪半月」は見えているだろうか。「爪半月が見えていると健康、見えないと不健康」などといわれるが、そんなことはないと丁氏は言う。「爪半月が大きいほど血液循環が良いといえるが、全部の爪に無くても問題はない。せめて親指に見えていれば大丈夫です」。

 爪の形もチェックしたい。たとえば、爪が指先を包み込むように内側に曲がり、指先全体が太鼓のバチのように丸く膨らんでいたら、「ばち状爪(指)」かもしれない(図2)。肺がんや心臓病、肝硬変などの病気があるときになりやすい。逆に、爪が反り返っているなら「スプーン爪」の可能性がある。鉄欠乏性貧血などで起こりやすい。「ただし、爪が薄かったり弱かったりしても、スプーン爪のようになる。この場合は心配いりません」(丁氏)。

図2◎ ばち状爪(指)とスプーン爪も病気のサイン
図2◎ ばち状爪(指)とスプーン爪も病気のサイン
[画像のクリックで拡大表示]
「ばち状爪(指)」では、側面から見た爪の角度が180度を超える。肺や心臓などの病気で起こりやすい。「スプーン爪」は鉄欠乏性貧血の人によく見られる。正式には「匙形爪甲(ひけいそうこう)」という。一般に「スプーンネイル」「さじ状爪」などとも呼ばれる。

 次回(後編)では、皮膚の色や見た目の印象から健康状態を探る漢方の診察法を紹介します。

丁宗鐵(てい むねてつ)さん
日本薬科大学 教授
丁宗鐵(てい むねてつ)さん 1947年、東京都生まれ。横浜市立大学医学部大学院修了。医学博士。米国スローン・ケタリング癌研究所客員研究員、北里研究所東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院医学系研究科生体防御機能学講座客員助教授、東京女子医科大学特任教授などを経て、百済診療所(東京都中央区)を開設。日本薬科大学教授も務める。『その生き方だとがんになる』(新潮文庫)など著書多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.