日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 見た目で健康かどうか、わかるの?  > 2ページ目
印刷

おとなのカラダゼミナール

見た目で健康かどうか、わかるの?

舌、爪、顔に隠されている病気のサイン【前編】

 佐田節子=ライター

歯型やひび割れのある舌は要注意

 鏡の前で、舌をべーっと出してみよう。チェックポイントは舌の色、形、大きさ、舌に付着する白っぽいこけのような「舌苔」(ぜったい)の有無、湿り気、動き、色など。たとえば健康な人の舌は、淡いピンク色で、口の中にすんなり納まる程よい大きさ。舌の表面には白っぽい舌苔が全体にうっすらとつき、適度に湿っている。動きも滑らかだ(写真1)。

写真1◎ 正常な舌(提供:丁氏)
写真1◎ 正常な舌(提供:丁氏)
[画像のクリックで拡大表示]
薄いピンク色で、適度に湿り、白い舌苔にうっすらと覆われている。

 一方、“難ありの舌”にはどんなものがあるか。たとえば、舌の側面に歯型がくっきりついた「歯痕舌」(しこんぜつ、写真2)は、ビールの飲みすぎなどで起こることが多い。体内にたまった余分な水分が体に悪さをする「水毒」の状態。歯型がつくのは、舌自体がむくんで歯の圧迫を受けるからだ。「放っておくと、いずれ腎臓や肝臓の機能に問題が起こってくる」と丁氏は注意する。

写真2◎ 歯痕舌(提供:丁氏)
写真2◎ 歯痕舌(提供:丁氏)
[画像のクリックで拡大表示]
体内の水分の巡りが悪くなり、舌自体がむくみ、歯型がついている。心臓や腎臓の機能低下も疑われる。

 また、舌にひび割れがある「裂紋舌」(れつもんぜつ、写真3)の場合は、体が水分不足で消耗している可能性がある。「免疫機能が低下したときに見られることが多い。漢方での経験の蓄積から、アレルギーや膠原病(こうげんびょう)との関係も疑われますので、気を付けてください」と丁氏。

写真3◎ 裂紋舌(提供:丁氏)
写真3◎ 裂紋舌(提供:丁氏)
[画像のクリックで拡大表示]
日照りの後のひび割れのように亀裂が入っている。水分が不足し、体が消耗している。膠原病との関係も疑われる。

 他にも、舌の色が紫色や暗赤色だったり、舌の裏側の静脈が太く拡張していたりするなら、血液の流れが滞っているサインだ。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.