日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > かさぶた…傷の治りに欠かせないのに、かゆくてはがしたくなるのはなぜ?  > 2ページ
印刷

おとなのカラダゼミナール

かさぶた…傷の治りに欠かせないのに、かゆくてはがしたくなるのはなぜ?

実はなくても困らない?

 伊藤和弘=フリーランスライター

かゆくなったら「塗り薬で保湿」か「ふやかして少し削る」

 しかし、そのどうでもいいはずのかゆみが問題だ。せっかく治りかけているのに、つい、新たに出血するようなはがし方をしてしまいがちだ。これって、やっぱりマズイですよね、先生?

 「そうですね。通常の傷であれば、皮膚が再生するまでに1週間から10日くらいかかる。その前にかさぶたを乱暴にはがすと、傷口が乾燥して回復が遅れます。せっかく再生した皮膚まではがれて、傷跡が残ってしまうことも少なくありません」と小川さんは注意を促す。

 当たり前ではあるが、治りきっていない1週間以内の傷は、くれぐれも乱暴に扱ってはいけない。「傷が乾燥するとかさぶたが厚くなり、皮膚を刺激してかゆくなるので、塗り薬などで保湿するといいでしょう」(小川さん)

 ただし、絶対にはがしてはダメ、と神経質になることもない。「必要以上にかさぶたが厚くなるのも良くない。かゆみが強いなど、はがしたくなったときはお湯に浸し、柔らかくしてから少しずつ削るといいでしょう」と小川さんはアドバイスする。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.