日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 動きっぱなしの心臓…時々休憩してるってホント?  > 2ページ目

おとなのカラダゼミナール

動きっぱなしの心臓…時々休憩してるってホント?

呼吸に合わせて心拍のペースを落とす「呼吸性不整脈」の不思議

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

肺呼吸をする全ての動物は、心拍が揺らいでいる

 でもなぜ、吐くときに休むのだろう?

 「呼吸の効率を落とさずに済むからです」

 呼吸は、外気中の酸素を体内に取り入れるのが目的。息を吸ったときは、外気が取り込まれて肺の中の酸素濃度が高まる。一方、吐いたとき肺に残っている空気は、酸素が減っている。

 酸素は、肺から血液中へ取り込まれて全身へ運ばれる。血液の流れを作っているのは心臓だ。心臓としては、肺の中に酸素がたっぷりあるとき(息を吸ったとき)が、働きどころ。ここで手を抜くわけにいかない。でも、息を吐いて肺内の酸素が減ったときは、頑張って血を巡らせても得るものが少ない。そこで、ここぞとばかりにペースを落とし、休むのである。

 ふーむ。お見事…と言いたいところだが、その程度の違いで、休んだことになるのでしょうか?

 「大違いですよ。その証拠に、カエルからヒトまで、肺で呼吸するあらゆる動物は、この揺らぎシステムを採用しています」と早野さんはいう。

 早野さんによると、魚の心拍はほぼ一定で、揺らぎがないという。でも陸上で肺呼吸する全ての動物の心拍は揺らいでいる。動物の進化を考えるなら、心拍が揺らぐメカニズムを身につけた者だけが、地上に進出できたと解釈できる。

 「そう。揺らぐ心臓を手に入れられなかった動物は、おそらく地上では生き残れなかった。それぐらい貴重なメカニズムです」(早野さん)

 おもしろいのはカエルだ。オタマジャクシのときはエラ呼吸で、このとき心拍は揺らいでいない。だが脚が生え、肺呼吸へ移行する頃になると、脳の中に心拍の揺らぎを生み出す「疑核」という部位ができ、呼吸に合わせて心拍が揺らぎ始めるという。脳を作り変えてまで、わざわざ揺らぎを生み出しているのだ。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.