日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 皮膚の傷跡が残る場合と消える場合、何が違う?  > 3ページ目
印刷

おとなのカラダゼミナール

皮膚の傷跡が残る場合と消える場合、何が違う?

皮膚には傷をきれいに消すための限界ラインがあった

 伊藤和弘=フリーランスライター

早く治り、痛みも少ないモイストヒーリング

 傷の治し方として、最近は「モイストヒーリング」(湿潤療法)が広まってきた。

 これは水を通さないフィルム剤などで傷から出てくる浸出液をキープし、乾燥を防いでカサブタを作らないようにする治療法だ。実は歴史も古く、1962年には英国で動物実験が行われ、「Nature」誌に論文が発表された。「モイストヒーリングは現代の創傷治療の基本です。早く治るし、痛みも少ない」と市岡教授は話す。

 「カサブタは表皮がなくなった部分を保護するためにできますが、表皮の再生を遅くする側面もあります。また、浸出液の中には傷の治癒を促進する因子が含まれている。そのため、保持したほうが早く治るわけです」

 ドラッグストアでもモイストヒーリング用のバンソウコウが市販されているので、試しに使ってみるのもいいだろう。

 ただし、注意しなければいけないのは感染症だ。細菌がいる状態でモイストヒーリングを行うと、菌が大繁殖してしまう。モイストヒーリング用のバンソウコウを貼るのは、傷ができてすぐ。貼る前には傷口を洗い、異物や細菌をしっかり洗い流すことが原則だ。

 消毒薬を使うべきではない、という意見もよく聞く。消毒薬によって正常な細胞もダメージを受け、治りが遅くなるというのだ。確かにその通りなのだが、「傷の治りを最も悪くするのは菌が感染すること。汚れた刃物でついた傷など、感染のリスクが考えられるときは消毒薬を使うことを勧めます」と市岡教授は注意を促す。

 傷そのものは一見大したことがなくても、病院に行ったほうがいい場合もある。以下のような傷は軽く考えず、必ず医師に診てもらおう。

医療機関を受診するべき傷
●2~3分圧迫しても血が止まらない
●筋肉や腱が見える深い傷
●傷口がギザギザになっている
●広範囲にわたっている
●動物や人にかまれた(感染のリスクが高い)
●異物が入っていて水で洗っても取れない
●水ぶくれができたやけど

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.