日経グッデイ

おとなのカラダゼミナール

緊張すると「食べ物がのどを通らない」のはなぜ?

自律神経が決める、「唾液」の量とネバネバ度

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

今日の会議のことを思うと、食事がのどを通らない…。(©SHOJIRO ISHIHARA-123RF)

 大事な取引先の接待や偉い人との会食といった、緊張しがちな場面では、「食事がのどを通らない」ことがよくある。いくら噛んでもなぜか食べ物をうまく飲み込めないし、味もよく分からない。皆さんも経験があるだろうか?

 一時的な現象ならまだいいが、仕事のストレスや人間関係の悩みなどが続くと、そんな状況が長引くこともある。若い人なら、恋愛の真っ最中に、そんな経験を味わうかもしれない。

 どうして、緊張すると食べ物の通りが悪くなるのだろう? のどが狭くなるのだろうか?

 「いえいえ、緊張によって変化するのは、のどというよりも、唾液です」

 こんなふうに説明を始めたのは、日本大学歯学部教授で、摂食機能の専門家である植田耕一郎さん。いわば「食事がのどを通る」現象のプロだ。今回は、植田さんの解説で、「緊張」と「食事」の微妙な関係をみていこう。

緊張すると、唾液が減ってネバネバになる

 唾液は、唾液腺から口の中に分泌される液体。健康な人では1日に1~1.5リットルも出ている。

 植田さんによると、唾液には「サラサラ唾液」と「ネバネバ唾液」という2種類があるという。

 「サラサラ唾液は文字通りサラサラの性状。ほとんど水分でできています。一方のネバネバ唾液は、ムチンという成分を含んでいて、粘り気が強いのが特徴です」

 そして、どちらの唾液が主に出るかは、自律神経によって決まる。自律神経のうち、体をリラックスさせる副交感神経が優位に働くときは、主にサラサラ唾液が分泌される。これに対して、体を緊張させる交感神経が活発なときは、主にネバネバ唾液が分泌されるのだ。

 「だから、緊張すると口の中の粘り気が強くなります。『固唾を呑んで見守る』と言う表現がありますが、この『固唾』というのが、ネバネバ唾液のことです」(植田さん)

 さらに、分泌量も変化する。「ネバネバ唾液は、サラサラ唾液より分泌量がずっと少ないのです」(植田さん)。そのため、交感神経が優位になってネバネバ唾液が中心のときは、唾液の総量がかなり減ってしまう。すると感覚的には、口の中はむしろ乾いているような感じになるという。

 「通常、食事というのはリラックスタイムですから、副交感神経が優位になってサラサラ唾液がよく出るもの。サラサラ唾液には、口に入った食べ物を湿らせ、飲み込みやすくする働きがあります。でも、緊張して交感神経が強く働いてしまうと、ネバネバ唾液中心になって唾液量が減り、口の中が粘つく。だから、飲み込みにくいのです」と植田さん。

 なるほど、食事ののどの通りを左右するのは、唾液だったのか。

ネバネバ唾液になると、味覚が鈍くなることも

 「唾液が変化すると、味の感覚も変わります」と植田さんは話を続ける。ほう、それはどういうことでしょう。

 味覚を感じるのは、舌にある味蕾(みらい)という器官。この表面の受容体が食品中の味成分を感知するのだが、このとき、唾液が重要な働きをしているという。

 「食品中の成分は、唾液に溶けることで、味蕾と反応しやすくなるのです」(植田さん)

 リラックスしているときは、サラサラの唾液がたっぷり出てくるため、成分がよく溶けて繊細な味でも敏感に感じられる。だが緊張すると唾液量が減り、ネバネバしてくるので、味の成分が溶けにくくなる。そのうえ味蕾がネバネバ成分に覆われてしまうため、味覚が鈍くなるのだ。

 実際、緊張しているときにものを食べても、味がよく分からないのはよくあることだ。このため、食はますます進みにくくなる。

 「そうなると今度は、味覚の刺激が欲しくて、強い塩味やこってり味など、極端な味が食べたくなることも多いです」と植田さんは言う。確かに、ストレスが溜まったとき、がっつりこってりした味に走るのも、ありがちなパターンだ。あれは鈍った感覚を刺激しようとしているのか。

緊張しがちな会食の前には、歯を磨こう

 仕事の事情などで、緊張する会食をしばしばこなさなくてはいけない人も多い。何かいい対策はないだろうか。

 「手軽なのは、食事の前に歯を磨くことですね」と植田さん。

 えっ、歯磨き、ですか?

 「ええ、口の中を物理的に刺激することで、唾液の分泌量が増えます。刺激が目的ですから、ペーストを使う必要はありません。小型の電動歯ブラシなどを携帯しておいて、さっと一通り磨けば、気分もすっきりして、サラサラ唾液がよく出るでしょう」(植田さん)

 これは、エチケットの面でも有効だという。というのも、唾液には口の中を洗浄する働きがある。緊張状態が続くと、唾液の量が減って口臭が強くなりやすいのだ。もし夜の会食に向けて日中ずっと緊張していたとすれば、口臭が強まっている可能性がある。「そんな場合でも、歯を磨いて唾液量が増えれば、口臭はすぐに収まります」と植田さん。

 なるほど。これはいい方法を聞きました。

 もっとも、一時的に緊張するだけなら、会食が終わればリラックスできるので、さほど心配はいらない。

 「問題は、『食事がのどを通らない』状態が長く続いているケースです」と植田さん。

 唾液量が慢性的に減って、食事に支障が出たり、口の中が傷つきやすくなる現象は「ドライマウス」と呼ばれる。自己免疫性の病気や薬剤の副作用が原因で起きることも多いが、そういった明確な原因が見つからない場合、ストレスが長期化している可能性も考えられる。

 「食事が飲み込みにくいというのは、ストレスを知らせる体からのメッセージかもしれません。何か無理をしていることがないか、自分の日常を振り返ってみてください」(植田さん)

日ごろからおいしく味わって食べることが、究極の対策

 ところで植田さんは、脳卒中などが原因で摂食機能に障害を抱えた人の診療で、「食べる機能」の不思議さをしばしば体験するという。

 「医学的な診断では『機能障害のため自力で食べるのは無理』と判定されるような人でも、しばしば好物だけは食べられるのです」(植田さん)

 介護をしている家族などに聞くと、「何も食べられません、トロ以外は」などという答えが返ってくることも、よくあるそうだ。

 「要は、『食べたい』『おいしい』という気持ちがあれば、きちんと唾液が出て、すんなり飲み込める。摂食機能に問題がある人でさえ、そうなのです」(植田さん)

 うーむ。では逆に、健康なのに「食事がのどを通らない」のは?

 「『おいしく食べる』というところから、あまりにも遠ざかってしまった姿といえるかもしれませんね」(植田さん)

 植田さんは、自戒を込めてこんな話をしてくれた。

 「私自身、忙しい診療の合間に『何か食べておかなきゃ』と思ってパンをかじったりすると、味もろくに感じないし、飲み込むのにも苦労します。そんなときは、食べることを雑に扱ってはいけないと反省させられます」

 つまり、食を大切にして、じっくりと味わうことが、「食事がのどを通らない」現象への究極の対策ということだろうか。

 「そう思います。最近話題の、おじさん俳優が一人メシを味わうドラマがありますが、あんなふうに食べるのが理想ですね」

 ほーなるほどー。忙しい毎日の中で、毎食あそこまでやるのは難しいでしょうけれど、できるところから心がけていきましょう。

植田耕一郎(うえだ こういちろう)さん
日本大学歯学部摂食機能療法学講座 教授
植田耕一郎(うえだ こういちろう)さん 1983年日本大学歯学部卒。日本大学歯学部助手、東京都リハビリテーション病院医員、新潟大学歯学部加齢歯科学講座助教授を経て現職。日本摂食嚥下リハビリテーション学会理事長。著書『長生きは「唾液」で決まる 「口」ストレッチで全身が健康になる』など。