日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 緊張すると「食べ物がのどを通らない」のはなぜ?  > 3ページ
印刷

おとなのカラダゼミナール

緊張すると「食べ物がのどを通らない」のはなぜ?

自律神経が決める、「唾液」の量とネバネバ度

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

 「ええ、口の中を物理的に刺激することで、唾液の分泌量が増えます。刺激が目的ですから、ペーストを使う必要はありません。小型の電動歯ブラシなどを携帯しておいて、さっと一通り磨けば、気分もすっきりして、サラサラ唾液がよく出るでしょう」(植田さん)

 これは、エチケットの面でも有効だという。というのも、唾液には口の中を洗浄する働きがある。緊張状態が続くと、唾液の量が減って口臭が強くなりやすいのだ。もし夜の会食に向けて日中ずっと緊張していたとすれば、口臭が強まっている可能性がある。「そんな場合でも、歯を磨いて唾液量が増えれば、口臭はすぐに収まります」と植田さん。

 なるほど。これはいい方法を聞きました。

 もっとも、一時的に緊張するだけなら、会食が終わればリラックスできるので、さほど心配はいらない。

 「問題は、『食事がのどを通らない』状態が長く続いているケースです」と植田さん。

 唾液量が慢性的に減って、食事に支障が出たり、口の中が傷つきやすくなる現象は「ドライマウス」と呼ばれる。自己免疫性の病気や薬剤の副作用が原因で起きることも多いが、そういった明確な原因が見つからない場合、ストレスが長期化している可能性も考えられる。

 「食事が飲み込みにくいというのは、ストレスを知らせる体からのメッセージかもしれません。何か無理をしていることがないか、自分の日常を振り返ってみてください」(植田さん)

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.