日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > やり過ぎ厳禁! 「適度な運動量」ってどれくらい?  > 3ページ目
印刷

おとなのカラダゼミナール

やり過ぎ厳禁! 「適度な運動量」ってどれくらい?

運動し過ぎは男性ホルモンを減らし、死亡率も上昇

 伊藤和弘=フリーランスライター

月200km以上走る人はトラブルを起こしやすい

 月200kmということは、毎日約7km走っている計算になる。一般のビジネスパーソンにはリアリティのない数字だと思うが、まめに大会に出ている市民ランナーにとってはそうでもないらしい。実際、奥井さんの調査でも半数以上がそれだけ走っていたという。つい、頑張りすぎてしまう人が少なくないのだ。

 この調査では同時に「医療機関の受診日数」も調べたが、200km以上走った人たちは明らかに受診日数が多く、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や不整脈など循環器系の異常が認められた人も4名いたという。

 「中高年の市民ランナーには大会中に突然死する人が多い。テストステロン値が低いと、循環器系疾患による死亡率が高まることが分かっています。ケガをする人が増えるのも、テストステロン値が低くなることと無関係とは思えません」(奥井さん)

 血中の遊離テストステロン値が8.5pg/mL未満になると、LOH症候群と診断される。奥井さんの調査によると、200km以上走っていた人たちの遊離テストステロン値は平均3.4pg/mLで、明らかにLOH症候群ということになる。マラソン大会に出ている場合ではない!

男性ホルモンが減ってしまうメカニズムは?

 では、なぜ適度に走るとテストステロン値が増え、走り過ぎると逆に減ってしまうのか? まだはっきりと証明されたわけではないが、奥井さんは「テストステロンが筋肉で消費されるからではないか」と推測している。

 「運動で筋肉が刺激されると大量のテストステロンが分泌され、筋肉に運ばれます。筋肉細胞の男性ホルモン受容体にテストステロンがくっつくと、細胞分裂を促進して筋肉を増やす。この体の働きによって筋肉で使われたテストステロンは消えてなくなる、と考えれば走り過ぎで減ることが納得できます」(奥井さん)

 適度な運動によってテストステロンの分泌が高まるが、消費が多すぎると供給が追いつかなくなって減ってしまう。筋トレのオーバーワークの現象にも通じるものがあり、分かりやすい仮説と思える。

 なお、筋肉が増えるとテストステロンの分泌量も高くなる。トータルの筋肉量を増やすには、大きな筋肉が多い下半身を鍛える方が効率的。つまり、ジョギングや早歩き(ウォーキング)はテストステロンを増やす効果も大きい運動なのだ。

 先の調査を見ると、運動によってテストステロンが増えていくのは月120km程度までだった。これを根拠として、「ジョギングや早歩きをする場合、1ヵ月120km程度の運動量がベスト」と奥井さんはアドバイスする。くれぐれもムキにならず、“ほどほどの運動”を習慣にして、男らしい心身をキープしよう!

奥井識仁(おくい ひさひと)さん
よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック 院長
奥井識仁(おくい ひさひと)さん 1965年生まれ。東京大学大学院医学研究課程修了。米ハーバード大学臨床医師留学を経て、帝京大学医学部泌尿器科講師、獨協医科大学越谷病院講師などを歴任。2009年から現職。医療法人ウローギネ・ネット理事長。著書に『Dr.奥井式 原始人ダイエット』『人生を変える15分早歩き』(ともにベースボール・マガジン社)など。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.