日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 冷えるとおしっこが近くなるのはどうして?  > 3ページ目
印刷

おとなのカラダゼミナール

冷えるとおしっこが近くなるのはどうして?

「行きたくなったら5分我慢」で、過敏な膀胱をトレーニング

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

出したくなったら「5分だけ我慢」

 では、そういう人は、どんな対策をすればいいのだろう。「まずは、自分でできる対策に取り組むといいでしょう」と関口さんはいう。

 それは、おしっこをしたくなった時に、ちょっとだけ我慢してみることだ。

 これは「膀胱トレーニング」と呼ばれる練習。「頻尿気味の人は早め早めにトイレに行くクセがあり、それが膀胱を一層過敏にしています。少しだけ我慢して、尿意をいったんやり過ごす練習をするのです」(関口さん)。

 最初は、尿意が起きてから5分、トイレに行くのを遅らせてみる。毎回やる必要はなく、無理のない範囲で実行すればいい。1週間ぐらいやって楽になってきたら、さらに5分遅らせる。こんな調子で少しずつ時間を伸ばしてみよう。

 「骨盤底筋トレーニング」もぜひ行うといい。女性には特におすすめだ。「女性の尿トラブルには、骨盤底部の筋肉の衰えが必ず関わっています」(関口さん)。ここの筋肉を意識的に動かして鍛えることで、ほとんどの尿トラブルが改善できるという。

 やり方は、肛門と膣を「キュッと締めては、ゆるめる動作」を何回か繰り返すこと。とりわけ、膀胱トレーニングでおしっこを我慢をしているときに行うと効果的だという。是非トライしてみよう。

尿トラブルを改善できる「骨盤底筋トレーニング」
尿トラブルを改善できる「骨盤底筋トレーニング」
[画像のクリックで拡大表示]
肛門と膣を「キュッと締めては、ゆるめる動作」(図の1~3)を2~3回繰り返す。

 冷えを解消するのも大切。室内では上着を羽織る、首や足首を覆う、エアコンの温度を調節するなど、体を冷やさない工夫をしてみよう。食べ物も、冷たいものや生ものを避けること。

 さらに、「頻尿の時は避けたほうがいい飲み物があります」と関口さん。コーヒーやお茶などカフェインを含むもの、柑橘系やトマトなどの酸味が強いジュース類は、膀胱を刺激したり、おしっこを増やす作用があるので、避けよう。

頻尿は、体の不調を知らせてくれるサイン

 関口さんによると、こういった症状は、健康を保つうえでむしろ役に立つものだという。

 「だれでも、体調が崩れたときによく出る“不調のサイン”がありますね。すぐお腹を壊すとか、口内炎ができるとか。冷えによる頻尿も、そんなサインの一種です。サインが出たときにきちんと体をいたわっていれば、長生きできるはずですよ」(関口さん)

 なるほど、体が不調を知らせてくれるわけか。そう言われると、なんだかありがたい気持ちになってくる。

 なお、ここで紹介した対策に取り組んでも症状が改善しない場合は、泌尿器科の診察を受けてみよう。過活動膀胱、間質性膀胱炎とも、薬による治療で改善が期待できる。

関口由紀(せきぐち ゆき)さん
女性医療クリニックLUNAグループ理事長
関口由紀(せきぐち ゆき)さん 1989年山形大学医学部卒業。横浜市立大学医学部泌尿器科助手、横浜市立市民総合医療センター勤務などを経て、2007年横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学修了。客員教授となる。一方で、1994年より漢方の大家、丁宗鉄師に師事して漢方を学ぶ。2005年、横浜元町・女性医療クリニックLUNAを開設。施設の拡大とともに、現在は理事長として、世界標準の女性医療を目指す、新しい日本の女性医療の拠点作りを行っている。http://www.luna-clinic.jp

先頭へ

前へ

3/3 page

頻尿
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.