日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 悪玉菌が多いと脳卒中に! 腸内フローラと血管の意外な関係
印刷

おとなのカラダゼミナール

悪玉菌が多いと脳卒中に! 腸内フローラと血管の意外な関係

どちらにも良い生活習慣で健康改善の効率アップ

 伊藤和弘=フリーランスライター

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

腸と血管は持ちつ持たれつの関係。腸が消化吸収した栄養素は血管によって全身に運ばれ、腸自身も血管から栄養をもらっている。(©Juan GArtner-123RF)

 最近、腸内細菌への注目がチョー高まっている。

 人間の腸の中には約1000種類、100兆個以上の細菌がいるといわれる。人間の細胞は全部で37兆個というから、その数倍だ。こいつらは単なる居候ではない。下痢や便秘など、単にお腹の調子に関わるのみならず、全身の健康にも大きく影響していることが明らかになってきたのだ。

 腸内細菌には善玉菌と悪玉菌、その中間の日和見(ひよりみ)菌がいて、これらが混在する全体の構成を「腸内フローラ」(腸内細菌叢)と呼ぶ。それは人によって大きく違い、肥満や糖尿病にも関係していることが分かってきた(*1)。つまり、糖尿病の人に多い菌や、肥満の人に多い菌がいるわけだ。たまたま、肥満の人の便をやせた人の腸に移植したら、その人も肥満になったという報告もある。この人は、16カ月で15㎏増えたという(*2)。

腸の働きが良くなれば血管も良くなる

 さらに、「腸内フローラは動脈硬化とも深い関係があります」と指摘するのは、循環器系の専門家としてテレビ出演も多く、“血管先生”の異名を持つ池谷医院(東京都あきる野市)院長の池谷敏郎さんだ。

 「腸と血管は持ちつ持たれつの関係。腸が消化吸収した栄養素は血管によって全身に運ばれ、腸自身も血管から栄養をもらっている。腸内環境が悪くなれば栄養の吸収が阻害されるし、血行が良くなれば腸の働きも良くなります」と池谷さんは続ける。

 腸内フローラに悪玉菌が多い人は、食物に含まれるコリンという栄養素が腸内細菌に代謝されてできる「TMAO」という物質が多くなる。約4000人を3年間追跡調査した結果、血液中のTMAOが多い人ほど、心筋梗塞や脳卒中を起こすリスクが高いことが確認された(グラフ)。つまり、動脈硬化が進んでいたわけだ!

腸内フローラが乱れている人は心筋梗塞や脳卒中を起こしやすい
約4000人を血液中のTMAOの量を基に4グループに分けて3年間追跡調査した結果、血液中のTMAOが多いグループほど、心筋梗塞や脳卒中を起こすリスクが高かった。(N Engl J Med. 2013 Apr 25;368(17):1575-84)
[画像のクリックで拡大表示]

 腸内フローラと血管が関係しているとなれば、腸内フローラを整えるためには血管のことも考えなくてはいけない。発酵食品や乳酸菌飲料を摂取してせっせと腸を整えても、動脈硬化を進めるタバコを吸っていては効果半減だろう。血行が悪くなり、結果的に腸の働きも悪くなってしまう。

 腸内環境が良くなれば血行も良くなり、血行が良くなれば腸の働きも良くなる。「腸と血管、どちらにもいい生活を心がけると、とても効率が良くなるわけです」と池谷さんはアドバイスする。

 それはどんな生活なのか、具体的に教えてもらった。

*1 Nature. 2012 Sep 13;489(7415):242-9
*2 Open Forum Infect Dis. 2015 Feb 4;2(1):ofv004

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.