日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 男性ホルモンが減ると、うつ病になりやすいってホント?
印刷

おとなのカラダゼミナール

男性ホルモンが減ると、うつ病になりやすいってホント?

下半身だけじゃない、男性ホルモンの重要な働き

 伊藤和弘=フリーランスライター

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

 ここ数年、男性ホルモンに対する関心が高まっている。男性ホルモンと聞くと“下半身”の話を連想する方が多いかもしれないが、実はそれだけではない。全身の筋肉を増やし、体脂肪を減らす作用もある。男性ホルモンが減るとメタボリックシンドロームになるリスクが高くなり、寿命が短くなることも分かっている(*1)。

男性ホルモンが作用する体の部位
(辻村さんの資料を基に編集部で作成)
[画像のクリックで拡大表示]

猿山で男性ホルモンが高いのはボス猿

 加えて、男性ホルモンの「精神面」への影響も近年の研究で明らかにされてきている。

 男性ホルモンはリーダーシップや積極性と深く関係している。「猿山で行った調査によると、いちばん男性ホルモンが高いのはボス猿でした。ボスの座から失脚すると、男性ホルモンも少なくなるんです」と順天堂大学医学部附属浦安病院(千葉県浦安市)泌尿器科先任准教授の辻村晃さんは話す。

 そう聞くと、男性ホルモンが多い人は荒々しく、攻撃的になりそうな気がしないだろうか? 某人気アニメのガキ大将キャラクターのように、すぐに腕力に訴え、「お前のものはオレのもの」とか言いそうだ。ところが、実際はそんなことはないらしい。

 「むしろ、公正さを求める気持ちが強くなるんです」と辻村さん。

*1 Arch Intern Med. 2006 Aug 14-28;166(15):1660-5

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.