日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > フィギュアスケート選手はなぜ目が回らないの?  > 3ページ目
印刷

おとなのカラダゼミナール

フィギュアスケート選手はなぜ目が回らないの?

“訓練効果”と“コリオリの力”に酔わないカギがあった

 佐田節子=ライター

乗り物酔いを防ぐには頭を動かさない

 なお、乗り物酔いも、コリオリの力が大いに関係しているという。石井氏によると、乗り物酔いは船やバスに乗らなくても、コリオリの力を使って誘発できるそうだ。

 「水平に回転する椅子に座って、頭を前後左右に振ると、高頻度で乗り物酔いの症状が出てきます。これは“コリオリ刺激”と呼ばれるもの。遊園地のアトラクションのコーヒーカップに乗って頭を振っても、同じような状態になります」(石井氏)

 これは逆に言うと、乗り物酔いを予防したいなら、コリオリの力がなるべく働かないようにすればよいということだ。石井氏はこうアドバイスする。

 「乗り物に乗っている間は、できるだけ頭を動かさないようにするのが一番。頭部をヘッドレストにもたせかけて、あまり揺れないようにし、目をつぶる。これだけでも酔いにくくなります」

 もう一つ重要なのは、場数を踏むこと。何度も乗っているうちに、脳が慣れて酔わなくなるという。

 「子供が乗り物酔いをしやすいのは、自律神経が未発達なうえに、乗り物に乗る経験が少ないから。つまり、訓練効果が乏しいためです。乗り物に乗る経験を何度も繰り返していけば、次第に症状が軽減し、最終的には乗り物酔いが起こらなくなります。ただし、乗り物の種類が変われば、また乗り物酔いが起こる可能性はある。日頃乗っている漁船では、どんなに揺られても平気なベテランの漁師さんが、小舟に乗り換えたとたん、船酔いをすることもあります」と石井氏は話す。

 訓練効果がものを言うのは、アスリートの世界だけではないようだ。

石井正則(いしい まさのり)さん
JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科部長
石井正則(いしい まさのり)さん 1980年、東京慈恵会医科大学卒業。84年、同大学大学院修了とともに米国ヒューストン・ベイラー医科大学耳鼻咽喉科教室に留学。東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科講師、准教授などを経て、現職。日本耳鼻咽喉科学会評議員、日本めまい平衡医学会評議員、宇宙航空研究開発機構(JAXA)・宇宙医学審査会委員なども務める。乗り物酔い、宇宙酔いなどに詳しい。著書は『本気で治したい人のめまい・耳鳴り』(学研)など。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.