日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 目が疲れると充血するのはどうして?  > 2ページ目

おとなのカラダゼミナール

目が疲れると充血するのはどうして?

疲れ目では済まないケースに要注意

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

感染、アレルギーによる充血は目の炎症

 結膜の充血を起こす主な原因は3つあると、高橋氏はいう。

(1)感染

(2)アレルギー

(3)目の疲労など

 (1)では、ウイルス性結膜炎に感染して充血に至るケースが多い。「いわゆる“はやり目”と呼ばれる感染症で、プールで移りやすい夏の病気と思われがちですが、実際は1年中見られます」(高橋氏)。この病気は感染力が強く、子供から高齢者まで、誰にでも起きる。目やにや目のかゆみ、痛みなどを伴うことが多い。

 (2)アレルギーが充血の原因となる場合は、今の季節の花粉症が代表的。だが、ハウスダストやダニが原因の場合は1年を通して発症する。こちらもしばしば、目のかゆみなどを伴う。

 この2つのケースでは、目の「炎症反応」によって充血する。「どちらもよくある病気で、だれにでも発症します。発症の初期は目やになどの随伴症状が弱いことも多く、その場合、区別するのがかなり難しいです」(高橋氏)。

 このため、たとえば例年花粉症で目が赤くなる人が、たまたま今ごろの時期にウイルス性の結膜炎になったりすると、少し面倒なことになる。

 「本人は『花粉症だ』と思い込んでいるので、いつものアレルギー用点眼薬を使う。でも、どうもすっきりしないなどと思っているうちに、結膜炎がひどくなったり、家族などにはやり目を移してしまうといったケースがときおりあります」(高橋氏)

花粉症と細菌感染の混同に注意

 ウイルス性結膜炎の場合、細菌感染による重症化を防ぐなど、アレルギーとは違う治療が必要だ。また人に移さないために、「学校や職場に行かない」「タオルなどを家族と分ける」といった対応も重要。眼科でウイルス性結膜炎と診断されれば、眼科医がそういった情報を伝えてくれる。

 そういう対策が、花粉症と混同してしまうと遅れやすいというわけだ。

 「はじめから見分けるのは難しいですが、目やにや目の痛みなど、“例年とは違う症状”が出てきた場合は、花粉症と決めつけずになるべく早く眼科を受診してください」(高橋氏)

 もちろん、花粉症、ウイルス性結膜炎ともに、だれでも発症しうる病気だ。去年まで花粉症ではなかった人も注意しよう。

 また、強膜炎やぶどう膜炎といったより深刻な病気でも、素人目には結膜炎と区別しにくい充血が起きることがある。この場合はたいてい、目の痛みや視野全体がかすむなど、充血以外の症状が強く出るので、そんなときはすぐに眼科を受診しよう。

 ちなみにアレルギーによる充血の場合、症状を抑える最も確実な方法は、花粉などアレルギー物質との接触を減らすこと。密封性の高いメガネやゴーグルを利用するといいだろう。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.