日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 大きく分厚い“スポーツ心臓” それって病気?  > 2ページ目
印刷

おとなのカラダゼミナール

大きく分厚い“スポーツ心臓” それって病気?

激しい運動を続けると、心臓が大きく、安静時心拍数が少なくなることも

 伊藤和弘=フリーランスライター

スポーツ心臓になるのは一部の選手だけ

 そこまで話した後、山下さんは「でも、スポーツ心臓は非常にまれなんですよ」と意外なことを言い出した。

 スポーツ心臓はアスリート全員がなるものではない。それどころか、「ほとんどの選手はならない」のだという。多くのスポーツ選手の心臓を調べてみると、左心室の拡張期(血液を送り出す前の広がった状態)の大きさが正常の基準より大きい60mm以上は14%、同じく左心房の大きさが40mm以上は20%、左心室の心筋(心臓の壁)の厚さが13mm以上はわずか2%だった(下グラフ参照)。

ほとんどのスポーツ選手はスポーツ心臓にならない
多くのスポーツ選手の心臓を調べてみると、左心室の拡張期の大きさが正常の基準より大きい60mm以上は14%、同じく左心房の大きさが40mm以上は20%、左心室の心筋の厚さが13mm以上はわずか2%だった。(Circulation. 2006 Oct 10;114(15):1633-44より)
[画像のクリックで拡大表示]

 「長年ハイレベルの運動を続けてきたスポーツ選手は普通よりも心臓が大きいし、安静時心拍数も少ないですが、それでも正常の範囲内にとどまる人がほとんどなんです。まして、普段は会社で仕事をしている市民ランナーがスポーツ心臓になることはありえません」と山下さん。

 スポーツ心臓になるのは、あくまで10代の成長期のうちから激しい運動を続けてきた一部のアスリートだけ。30歳や40歳になってから一念発起して走り始めても、心臓が急に大きくなることはない。また、スポーツ心臓の人も引退して運動をやめれば、半年から1年程度で心臓が小さくなるという。

 では、ときどきジムに通っている程度のビジネスパーソンが心拡大や心肥大になるのはどういった場合なのか? それは、やはり“病気”ということになる。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.