日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > おしっこの色はなぜ黄色いの?  > 3ページ
印刷

おとなのカラダゼミナール

おしっこの色はなぜ黄色いの?

色、頻度、臭い、泡立ちから健康状態が分かる

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

おしっこが濃くなるのは、脱水のサイン

 通常、赤血球の分解スピードは一定なので、おしっこの色素も一定のペースで作られる。おしっこの色の濃さが変わるのは、排泄される水分の量が変化するためだという。

 「体液濃度を一定にキープするために、腎臓は尿の水分量を細かく調節しています。体内の水分量が増えたときは、尿を増やす。すると、おしっこの色が薄くなります。逆に、水分が減ったときは、尿の量が減るので、色が濃くなります」

 つまり、おしっこの色が濃くなったときは、体内の水分が不足気味。いわば「脱水のサイン」だと飯野さんはいう。

 「よく、“疲れると尿の色が濃くなる”などと言われますが、ただの疲労で濃くなることはありません。その疲労感の原因は脱水ですから、すぐに水分を補給してください」

 もっとも、朝一番のおしっこの色が濃いのは正常。睡眠中は、尿の量を減らすために濃縮されるのだ。日中に濃いおしっこが出たら要注意と覚えておこう。

色だけでなく、においや泡立ちにも要注意

 「ほかにも、おしっこから分かる病気のサインがあります」と飯野さん。まずは頻度。尿は、1日7~8回ぐらい出るのが標準的。だが膀胱炎などになると、その刺激で何十回も行きたくなる。

 色も注目ポイント。腎臓や膀胱に感染があると、牛乳のように白く濁る膿尿や、おしっこに血が混じって赤くなる血尿が出ることがある。こんな時はすぐに病院へ行こう。

 においや、泡立ちに変化が出ることも。糖尿病などで、尿の匂いが甘酸っぱくなることがある。また、たんぱく尿や尿糖になると、妙に泡立ちが良くなるという。

 「尿には、体のいろいろなサインが現れます。普段からちょっと意識するだけで、早めに異常を見つけられます」と飯野さん。なるほど~。覚えておきたいものだ。

飯野靖彦(いいの やすひこ)さん
日本医科大学 名誉教授。湘南医療大学学部長。
飯野靖彦(いいの やすひこ)さん 専門は内科学、腎臓病学、透析療法、腎臓移植など。著書『専門医が答えるQ&A腎臓病』、『世界で一番やさしい腎臓病』など多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.