日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > おしっこの色はなぜ黄色いの?  > 3ページ
印刷

おとなのカラダゼミナール

おしっこの色はなぜ黄色いの?

色、頻度、臭い、泡立ちから健康状態が分かる

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

おしっこが濃くなるのは、脱水のサイン

 通常、赤血球の分解スピードは一定なので、おしっこの色素も一定のペースで作られる。おしっこの色の濃さが変わるのは、排泄される水分の量が変化するためだという。

 「体液濃度を一定にキープするために、腎臓は尿の水分量を細かく調節しています。体内の水分量が増えたときは、尿を増やす。すると、おしっこの色が薄くなります。逆に、水分が減ったときは、尿の量が減るので、色が濃くなります」

 つまり、おしっこの色が濃くなったときは、体内の水分が不足気味。いわば「脱水のサイン」だと飯野さんはいう。

 「よく、“疲れると尿の色が濃くなる”などと言われますが、ただの疲労で濃くなることはありません。その疲労感の原因は脱水ですから、すぐに水分を補給してください」

 もっとも、朝一番のおしっこの色が濃いのは正常。睡眠中は、尿の量を減らすために濃縮されるのだ。日中に濃いおしっこが出たら要注意と覚えておこう。

色だけでなく、においや泡立ちにも要注意

 「ほかにも、おしっこから分かる病気のサインがあります」と飯野さん。まずは頻度。尿は、1日7~8回ぐらい出るのが標準的。だが膀胱炎などになると、その刺激で何十回も行きたくなる。

 色も注目ポイント。腎臓や膀胱に感染があると、牛乳のように白く濁る膿尿や、おしっこに血が混じって赤くなる血尿が出ることがある。こんな時はすぐに病院へ行こう。

 においや、泡立ちに変化が出ることも。糖尿病などで、尿の匂いが甘酸っぱくなることがある。また、たんぱく尿や尿糖になると、妙に泡立ちが良くなるという。

 「尿には、体のいろいろなサインが現れます。普段からちょっと意識するだけで、早めに異常を見つけられます」と飯野さん。なるほど~。覚えておきたいものだ。

飯野靖彦(いいの やすひこ)さん
日本医科大学 名誉教授。湘南医療大学学部長。
飯野靖彦(いいの やすひこ)さん 専門は内科学、腎臓病学、透析療法、腎臓移植など。著書『専門医が答えるQ&A腎臓病』、『世界で一番やさしい腎臓病』など多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.