日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > おしっこの色はなぜ黄色いの?  > 2ページ目

おとなのカラダゼミナール

おしっこの色はなぜ黄色いの?

色、頻度、臭い、泡立ちから健康状態が分かる

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

 「ヘムはまず、脾臓の中でビリルビンに変換され、血中に出てきます。ビリルビンは黄色です」

 おっ、ここで色が変わった。それがおしっこになるのですか?

 「いやいや、ビリルビンは肝臓に運ばれて、さらに化学変換されたあと、腸の中へ捨てられるのです」

 腸に入ったビリルビンは、腸内細菌の働きでウロビリノーゲン、さらにステルコビリンという成分へと変化する。このステルコビリンが茶褐色。つまり、便の色だ。

 でも、おしっこは?

 「腸内のウロビリノーゲンの一部は、血液中に再吸収されます。これが腎臓を通って尿に出てきて、あの黄色になるのです」

 なるほど。ずいぶんいろいろなところを通っているものだ。老廃物を捨てるのも、大変なことなんだな。

赤血球が分解されて尿や便に色を付ける
[画像のクリックで拡大表示]
血液中に含まれる赤血球は脾臓、肝臓で分解されたあと、腸の中へ捨てられ、おしっこを黄色に、うんちを茶色にする。
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.