日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 人間は何歳まで生きられるのか?
印刷

おとなのカラダゼミナール

人間は何歳まで生きられるのか?

「寿命」を決める遺伝子の仕組みとは?

 伊藤和弘=フリーランスライター

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

人間は120歳まで生きられる?(©imtmphoto-123RF)

 人間の寿命はどんどん延びている。厚生労働省によると、日本人の平均寿命は男女ともに80歳オーバー。昨年(2015年)の時点で100歳を超えている人も6万1568人もいた。はたして、人間は何歳まで生きられるのか? 一説には「120歳まで生きられる」なんて話も耳にするが、ホントだろうか?

長生きのギネス記録はフランス人女性の122歳

 「人間が何歳まで生きられるのか、諸説ありますが正直言って分かりません(笑)。長寿に関わる因子がすべて分かっていないので計算は難しいです。120歳まで生きられるという説の最大の根拠は、“実際に生きた人がいるから”ということに過ぎないのです」と話すのは、東京大学分子細胞生物学研究所教授の小林武彦さんだ。

 フランス人女性のジャンヌ・カルマンさんが1997年に122歳で亡くなった。これが現在公式に認められている「長生き」の世界記録。つまり、「120歳まで生きられる」というのはあくまで結果論であり、理論的に導かれた数字ではないわけだ。とはいえ、この辺りに人間の生物的限界があるのも確からしい。

 「現在、100歳以上の人は日本だけでも6万人を超えているのに、110歳以上の人となると全世界で100人もいないのです」と小林さん。

 100歳と110歳の間には想像以上に大きな壁があることが分かる。まして120歳となると、世界史上公式に認められたのはカルマンさんしかいない。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.