日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 人間も冬眠? 実現すれば究極のアンチエイジング法に  > 3ページ
印刷

おとなのカラダゼミナール

人間も冬眠? 実現すれば究極のアンチエイジング法に

新しいメタボ予防法や健康長寿実現への応用も

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

「冬季うつ症」は冬眠の名残かもしれない

 さて、同じ冬眠といっても、クマのそれはリスとかなり違う。体温は30度前後とかなり高い。もちろん平時の体温(37度ほど)よりは下がっているので、エネルギー消費量も普段よりは低いが、リスほどの低下ではない。クマはリスよりはるかに体が大きいので、最低限の生命活動を維持するために生じる熱で、ある程度の体温を維持できるようだ。

 そして脳波を測ると、睡眠中に似た脳波が出ている。だからリスのような睡眠不足にはならないようだ。このため、リスの冬眠を「深冬眠」、クマの冬眠を「冬ごもり」と区別することもある。

 人間の体格は、リスよりはクマに近い。「もし人類の祖先が冬眠していたとすれば、クマに似たスタイルだったでしょう」と山口さんは話す。

 「系統的にかけ離れたさまざまな哺乳類が冬眠するという事実を進化論的に考えると、『哺乳類の共通祖先は冬眠をしていた』という解釈が成り立ちます」と山口さんは話す。人間を含む9割以上の哺乳類は、その後の進化で冬眠しなくなったが、シマリスなどはその能力を現代まで受け継いだ、ということなのかもしれない。

 現在、人類は冬眠をしていない。だが、冬になるとうつ症状が強く現れる「冬季うつ」は、冬眠の名残ではないかという説がある。冬に体の活動性を低下させた作用の名残が、季節性のうつ症状として現れるというのだ。

 実際、ロシアなど寒冷地の農村では18世紀頃まで、冬になるとほとんど食事を摂らず、一日中暖炉のそばで寝て過ごす風習があったといわれる。食料事情が改善した現代ではもう見られないが、人体の中にも、そんなふうにして厳しい冬を耐える能力が、冬眠の痕跡として残っているのかもしれない。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.