日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 人間も冬眠? 実現すれば究極のアンチエイジング法に
印刷

おとなのカラダゼミナール

人間も冬眠? 実現すれば究極のアンチエイジング法に

新しいメタボ予防法や健康長寿実現への応用も

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

人間もリスやクマのように冬眠できないのだろうか?(©Sugunya Srithongthae-123RF)

 一段と寒さが厳しい季節になってきた。筆者もそうだが、気温が下がると外に出るのがおっくうになる。休日はつい室内でゴロゴロ、という人が増えているかもしれない。

 そんな絵に描いたような「冬ごもりモード」の生活をしていると、ふと、表題のような疑問が湧いてきた。

 「人間は、冬眠できないのだろうか?

かつては人類も冬眠していた!?

 自然界にはリスやクマなど、冬になると巣穴にこもって冬眠に入る動物がいる。彼らも人間と同じ哺乳類。体の作りにそれほど大きな違いはないはずだ。

 それに、SF映画などではよく、宇宙船に乗った人間を冬眠状態にして何万光年も離れた星へ宇宙旅行をするようなシーンが出てくる。現代科学の立場から見たとき、ああいった技術はどれほど現実的なのだろう?

 そこで、冬眠の仕組みの解明に挑んでいる若き研究者、東京大学大学院薬学系研究科助教の山口良文さんに、冬眠のメカニズムや、人間が冬眠する可能性について話を聞いてみることにした。

 「実は、かつて人類も冬眠していたのではないかという説があります」と話し始めた山口さん。えー、本当ですか?

 「ええ。ただ、仮にそうだとしても、リスのような深い冬眠とは異質なものだったと思われますが。冬眠にもいろいろあるのです」

 ほー、なんだか面白い話になりそうだ。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.