日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > コーヒー+15分の“ちょい寝”は効率アップの特効薬だった  > 2ページ目
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

コーヒー+15分の“ちょい寝”は効率アップの特効薬だった

午後の眠気対策に昼寝スキルを最大限活用しよう

 佐田節子=ライター

30分以上の昼寝はかえって仕事効率を下げる

 ただし、昼寝で気を付けておきたいのは、寝過ぎないことだ。30分以上眠ると脳を休める深い睡眠に入ってしまうので、目覚めた後、眠気を引きずることになり、かえって仕事のパフォーマンスが低下する。また、体内時計のリズムが狂って夜の寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなったりする悪影響も出てくる。「働き盛りの人の場合は、長くてもせいぜい15分程度の“ちょい寝”がちょうどいい」と林教授。ただし、これは昼間に一時的に生じる眠気を減らすためのものであり、日ごろの睡眠不足を補うことにはつながらないそうだ。

 ちなみに、高齢者の場合は30分まで寝ても大丈夫だという。30分以下の昼寝習慣を持つ高齢者は、そうでない高齢者に比べ、アルツハイマー型認知症の発症リスクが5分の1だったという報告もある。

 では、うまい具合に“ちょい寝”で切り上げるにはどうしたらいいか。林教授は、「横になって寝てはダメ」とアドバイスする。「横になると、つい気持ちよくなって起きられなくなり、睡眠がどんどん深くなる。壁や背もたれに頭をつけて椅子に座ったまま寝るとか、デスクにうつぶせになって寝るなど、あえて眠りにくい姿勢で寝るのがコツです」。

「15分で起きる」と暗示してから寝る

 また、「タイミングよく、15分で起きられるだろうか」と自信のない人もいるかもしれない。そんな人にぜひ試してほしいのは、「自己覚醒法」だ。「やり方は至って簡単。『15分経ったら起きるぞ』と思ってから寝る、それだけいいのです。ただし、あまり強く念じすぎるとストレスになって眠れなくなるので、“思う”程度で十分。『ちょっとやってみよう』ぐらいの気持ちで始めるといいでしょう」(林教授)。

 この自己覚醒法のメリットは、アラームなどで強制的に起こされるのと違って目覚めが良く、起床後に眠気を引きずらないことだ。「詳しいメカニズムは分かっていませんが、何時に起きようと思っておくだけで、目覚める前から体が起きる準備をしてくれるのです。私たちの研究では、昼寝の場合、起きようと思う時間の3分ほど前から、心拍数や血圧が徐々に上がるなど、覚醒度が高まってくることが確認されています。目覚めたときの覚醒水準が高いので、頭もスッキリし、その後のパフォーマンスも上がります」と林教授。時計も見ていないのに、その時間に合わせて起きる準備をしてくれるとは、なんともすごい体の仕組みではないか!

 自己覚醒法は初めから思った通りにできなくても、何度かトライしているうちにできるようになる人が多いという。不安なら、携帯のアラーム機能を“保険”で使うのもいいだろう。起きたい時間の1分後にセットしておき、アラームが鳴る前に自然に目が覚めるようになったら上出来。もちろん、朝の起床時にも取り入れられる方法だ。お試しあれ。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.