日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 斬新なひらめきやアイデアが生まれるのは睡眠の前? それとも後?  > 3ページ
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

斬新なひらめきやアイデアが生まれるのは睡眠の前? それとも後?

どうしても思い浮かばない夜は、あきらめが肝心!

 伊藤和弘=フリーランスライター

夕食やアルコールにも注意しよう

 基本は規則正しい睡眠リズムを作ること。毎日同じ時間にベッドに入り、同じ時間に起きられれば理想的だ。休日に寝だめをするビジネスパーソンも多いが、「脳がしっかり働くには休日もリズムが変わらない方がいい。休日に遅くまで寝ている子供ほど成績が悪い、というデータもあります」と白川代表。

 胃に食べ物が入っていて盛んに消化活動が行われている間、体は休息モードに入りにくい。夕食は就寝3時間前までに済ませておこう。

 適量のアルコールはストレス解消に役立つが、寝るために飲む「寝酒」はいけない。微量のアルコールは興奮作用があって寝付きにくくなるし、大量に飲むと寝付きが良くなる代わりに、睡眠が浅くなり、夜中に目が覚めることも多くなってしまう。

 眠っているときに見た夢が、ひらめきにつながったという話も聞く。ドイツの化学者シュトラドーニッツは、ウロボロス(自分の尻尾を飲み込んでいる伝説のヘビ)の夢を見て、明くる朝にベンゼン環を発見したという。明け方に見た夢や寝起きで思いついたアイデアは忘れやすいので、枕元にメモ用紙を置いておくといいだろう

 「睡眠不足が続いていると、とてもメモなんて取れないでしょう。そういう意味でも、日頃からしっかり睡眠を取っておくことは重要なんです」と白川代表はアドバイスする。

白川修一郎(しらかわ しゅういちろう)さん
睡眠評価研究機構 代表
白川修一郎(しらかわ しゅういちろう)さん 1973年、東邦大学医学部大学院修了。東京都神経科学総合研究所研究員、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所老人精神保健研究室長などを経て、2009年より現職。日本睡眠改善協議会理事長。著書に『脳も体もガラリと変わる!「睡眠力」を上げる方法』(永岡書店)、『ビジネスパーソンのための快眠読本』(ウェッジ)など。
疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.