日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 就寝前の実践でぐっすり眠れる! わずか5分の快眠ストレッチ  > 3ページ目
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

就寝前の実践でぐっすり眠れる! わずか5分の快眠ストレッチ

「背伸び」と「足の血行改善」が寝付き改善のコツだった!

 伊藤和弘=フリーランスライター

さらなるリラックスには胸と股関節をストレッチ

 前述の3つのストレッチでうまく寝付けない場合は、以下のストレッチを追加する。いずれも姿勢を正して緊張をほぐし、呼吸を整えるのに有効だ。

バルーンストレッチ

 これは要するに胸のストレッチだ。仲野院長は「特にデスクワーク中心で、前屈姿勢でいる時間が長い人、肩こりに悩んでいる人にお勧めです」と話す。

胸や肩をほぐす「バルーンストレッチ」
(1)椅子に座って背中をまっすぐ伸ばし、両腕を指先を伸ばして真下に向ける。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)両腕を、手のひらを外側に向けるように、斜め下45度くらいに開き、ゆっくり息を吸いながら後ろに引いていく。手の平を上に向け、肩甲骨を寄せるようにして胸を開く。できる限り両腕を開いたら、そこで息を止めて3秒間キープ。息を吐きながら、ゆっくり両腕を元に戻す。回数は1回でも構わないし、3回ほど繰り返してもいい。
[画像のクリックで拡大表示]

あぐらストレッチ

 これは股関節のストレッチ。「現代人はあまり股関節を動かす機会がないので、どうしても固くなりがちなんです」と仲野院長。
股関節をほぐす「あぐらストレッチ」
(1)床にあぐらをかいた後、左右の足の裏をぴったり合わせる。あごを引き、胸を張って、背中をまっすぐに伸ばす。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)息を吐きながら、上半身をゆっくり前に倒していく。ポイントは背中を丸めないこと。背中をまっすぐ伸ばしたまま、おなか、胸、顔の順番で床に近づけていくように意識する。ギリギリまで倒したら、そこで30秒ほどキープ。内ももの筋肉がしっかり伸びていることを意識しよう。その後、ゆっくり元の姿勢に戻る。1回でも構わないし、3回ほど繰り返してもいい。
[画像のクリックで拡大表示]

 いかがだろうか? 難しいものもないし、全部行っても4~5分しかかからないので、気軽に継続しやすい点も有難い。歯磨きや入浴のように、「寝る前の儀式」として習慣化してしまうといいだろう。

仲野孝明(なかの たかあき)さん
仲野整體東京青山院長、姿勢治療家
仲野孝明(なかの たかあき)さん 1973年生まれ。大正15年に創業し、藍綬褒章を2回受章した名門「仲野整體」の4代目。柔道整復師認定スポーツトレーナー。正しい姿勢をトライアスロンやマラソンに応用。自ら「サハラマラソン」で257キロを完走するなど、自分の体を使って姿勢の可能性を研究。著書に『長く健康でいたければ「背伸び」をしなさい』(サンマーク出版)、『一生「疲れない」姿勢のつくり方』(じっぴコンパクト文庫)など。雑誌、講演、企業姿勢研修などでも活躍する。

(2、3ページ目のイラスト:『一生「疲れない」姿勢のつくり方』(仲野孝明・著/じっぴコンパクト文庫/実業之日本社)より転載)

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.