日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 就寝前の実践でぐっすり眠れる! わずか5分の快眠ストレッチ
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

就寝前の実践でぐっすり眠れる! わずか5分の快眠ストレッチ

「背伸び」と「足の血行改善」が寝付き改善のコツだった!

 伊藤和弘=フリーランスライター

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

 マッサージを受けているうちに、うとうとと眠ってしまった経験はないだろうか? 筋肉の緊張が取れることで精神もリラックスし、安らかな眠りに落ちていく。悩み事を抱え、こわばった体でベッドに入ってもなかなか寝付くことはできない。就寝前のマッサージやストレッチは快眠のために有効な方法だ。

 そこで今回のテーマは「5分でできる就寝前のストレッチ」。骨格や筋肉の治療を通じて睡眠の改善に取り組んできた「仲野整體東京青山」(東京都渋谷区)の仲野孝明院長に教えてもらった。全部で5種類。すべて行っても4~5分しかかからないから、多忙なビジネスパーソンにはありがたい

体をリラックスさせて呼吸を整える「ポールストレッチ」

 仲野院長がまず試してほしいと勧めるのが「背伸び」だ。仰向けに寝た状態で、30秒ほど手足をゆっくり上下に伸ばす。たったそれだけでも、効果はあなどれない。体の緊張をほぐしてリラックスさせ、姿勢を正して深い呼吸ができることで、よく眠れるようになるという。「コツは手足の末端(指先)を伸ばすように意識すること」と仲野院長。全身がしっかり伸びて、ストレッチ効果がぐっと高まる。

 次には、就寝前に寝た姿勢で行う「ポールストレッチ」をやってみよう。「背伸び」よりリラックス効果を高められる。まず、バスタオルを三つ折りにして、円筒状になるように手前から丸めていく。なるべくきつく巻いた方がいい。背骨に沿う形でタオルを置き、その上に仰向けに寝る。タオルの先端はうなじに当たるようにする。両腕は自然に伸ばし、体に沿わせておく。

就寝前に体をリラックスさせる「ポールストレッチ」
バスタオルを三つ折りにして、円筒状になるように手前から丸める。(1)背骨に沿う形でタオルを置き、その上に仰向けに寝る。両腕は自然に伸ばす。(2)ゆっくり息を吸いながら、肘を伸ばしたまま両腕を空中に引き上げ、半円を描いてバンザイするように頭上まで持っていく。手の平は天井を向ける。(3)ゆっくり息を吐き、両腕を床の上で滑らせ、大きく円を描くようにして最初の位置に戻す。これを2~3回繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]

 ゆっくり息を吸いながら肘を伸ばしたまま両腕を空中に引き上げ、半円を描いてバンザイするように頭上まで持っていく。腕、肩、背中の筋肉が伸びていることを意識しよう。手の平は天井を向くようにする。ゆっくり息を吐き、両腕から指先まで遠くに末端を伸ばすように意識しながら、両腕を床の上で滑らせ、大きく円を描くようにして最初の位置に戻す。腕を動かすときは常に肘を伸ばしたままだ。これを2~3回繰り返す。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.