日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 暑苦しい寝床を快適空間に変える夏の快眠術  > 2ページ
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

暑苦しい寝床を快適空間に変える夏の快眠術

枕・マットの工夫で涼を取り、エアコン温度は高めに

 佐田節子=ライター

首を温めリラックスモードに

 これに加え、「首温め」もお薦めだ。「首の後ろをホットタオルやホットパックで温めると、自律神経がお休みモードの副交感神経に切り替わり、手足の血行もよくなってリラックスできます。頭は冷やし、首は温める。これを同時に行うと、首が冷えて凝ることもなく、気持ちよく眠りに入っていけます」(三橋さん)。

 ホットタオルは、濡らしたハンドタオルを電子レンジで20~40秒ほど温め、ポリ袋に入れたらでき上がり。もちろん、市販のホットパックを使ってもいい。

 三橋さんがこのような手作り快眠グッズを考案するようになったのは、2011年の東日本大震災がきっかけ。電力不足のなか、できるだけエアコンなどの家電製品を使わずに快眠できる方法はないか―。そんな相談を受け、身近な素材を使った快眠法を考え出したのだという。

蒸し暑い寝床を快適にするシーグラスマット

 次は、「背中」の温湿度調整だ。

 「夏は背中と敷き布団が密着することで温度と湿度が上がり、寝床の中の湿度が80%を超えることもあります。その不快な蒸し暑さが、中途覚醒の原因にもなります。背中を蒸らさないことが、夏の快眠の条件」と三橋さん。

 寝床の中の温度や湿度は「寝床(しんしょう)内気候」と呼ばれる。蒸し暑い夏は汗をたくさんかく。その汗が寝床の湿度を上げ、蒸し風呂のような暑さをもたらす。寝床内気候を調整するには、寝具の工夫が欠かせない。

 まずはお金を使わずにできる対策をお伝えしよう。今使っているシーツにちょっと工夫をするだけで、背中の蒸れを防ぐことが可能だ。三橋さんが考案したのが、“背中段ボール”だ。やり方は至って簡単。A3程度の大きさの段ボールを背中に当たるようにシーツの下に敷くだけだ。

 「ダンボールは硬いので、背中が敷き布団にペタッと密着せず、通気性を確保できます。ただし、体重が重いと、あまり効果はないかもしれませんが」と三橋さん。段ボールは、腰の上から肩甲骨のあたりに当たるように敷く。人によってはゴワゴワ感が気になるかもしれないが、まずは試してみよう。

 ただし、何度か使ううちに段ボールがへたってくる。そこで、段ボールよりもさらにいいのが、水草を織って作った「シーグラスマット」だという。バスマットなどによく使われるものだ。これを同様にシーツの下に敷く。「100円ショップでも売っていますよ」(三橋さん)。

 加えて、冷感素材のシーツや敷きパッド、イグサの寝ゴザ、竹シーツなど、最近は涼しい寝具がいろいろ出回っているから、それらを利用すればさらに快適だという。ただし、「敷きパッドは、表面は麻などの涼しい素材でできていても、中綿にポリエステル素材が使われているものがある」(三橋さん)。これだと熱がこもりやすいので、購入の際は気をつけたい。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.