日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 暑苦しい寝床を快適空間に変える夏の快眠術
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

暑苦しい寝床を快適空間に変える夏の快眠術

枕・マットの工夫で涼を取り、エアコン温度は高めに

 佐田節子=ライター

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

夏の快眠は頭・背中・部屋の温湿度調整がカギだ。(©Ferli Achirulli-123RF)

 夏本番。ただでさえ暑くて体力を消耗するのに、夜もぐっすり眠れないとなると、体はすぐにバテてしまう。寝苦しい熱帯夜でも、スーッと眠れる快眠術はないものか。快眠セラピストの三橋美穂さんに聞いてみた。

 眠りと深い関係にあるのが、脳や体の中心部の温度である「深部体温」だ。「深部体温が下がってくると眠気を感じ、睡眠中はさらに深部体温が低下して熟睡状態に入ります。ところが、夏の夜は高温多湿なので、汗が蒸発しにくく、深部体温が下がりにくい。このため、なかなか寝つけなかったり、睡眠が浅く途中で目が覚めたりすることが多くなります」と三橋さん。

 そこで重要なのが、深部体温をうまく下げるための工夫。三橋さんによると、ポイントは大きく3つあると言う。「頭」と「背中」と「部屋」の温湿度調整だ。

頭を“クール枕”で冷やし頭寒足熱に

 まずは頭から―。「頭寒足熱」という言葉があるように、頭は涼しく、足は温かくすると眠りやすくなることを示す実験結果があるという。

 「ある企業の実験では、頭と足元の温度差が4度のときに快適に眠れるという結果が出ています。足元がポカポカしてきて体熱放散が進み、深部体温が低下して、スーッと眠りに入っていけるわけです。通常、布団から出ているのは頭だけですから、自然と頭寒足熱の状態になりますが、夏の場合はそうもいきません。頭も足も布団の外に出ていて、同じように熱を帯びています。寝つきをよくするには、頭を涼しくすることで、足との温度差をつける工夫が必要です」(三橋さん)

 手軽にできるのは、枕にひと工夫することだ。例えば、通気性のよい昔ながらの「そば殻枕」を使ったり、枕用のクールジェルを活用したりするのもいいだろう。また、身近な材料で“クール枕“を作ることもできる。三橋さんが考案したのが、「冷やしアズキ枕」だ。

 「アズキ250gを布製の小袋に入れて、冷凍庫で冷やしておき、就寝時に取り出して、枕の中央部に置きます。そして、その上に後頭部を当てて寝る。ひんやりして火照りが和らぎ、気持ちいいですよ。保冷効果は20~30分続くので、スムーズな入眠の助けになります。イライラしたり、直前まで仕事をしたりしていて眠れないときも、熱を帯びた脳のクールダウンになります」と三橋さん。アズキはもともと枕の材料によく使われていた素材だという。小袋は100円ショップで売っているファスナー付きのメッシュ素材のもの(17cm×13cm程度)でOKだ。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.