日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 睡眠時間は、体に負担をかけずにどこまで短くできる?  > 3ページ目
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

睡眠時間は、体に負担をかけずにどこまで短くできる?

ホルモンの分泌サイクルを知って眠りを最適化しよう

 伊藤和弘=フリーランスライター

就寝前には体温を上げておく

 4時間半でも6時間でも、短時間睡眠によって昼間に強い睡魔に襲われないようにするためには、毎日同じ時刻に起きて、睡眠のリズムを安定させることが大切だ。布団に入ったらすぐに眠れる体にしておこう。

 それには、まず目に入る光をコントロールする。メラトニンの分泌が始まる夜の9時を過ぎたら、パソコンやスマホの画面はなるべく見ないようにしよう。ディスプレイから出る「ブルーライト」と呼ばれる光がメラトニンの分泌を抑え、眠気を消してしまう。

 また、睡眠中は体温が下がり、その落差が大きいほど眠くなる。「夕食に熱いものや辛いものを食べたり、夕食前の運動も体温を上げてくれる。最も効果的なのは就寝前の入浴です」と遠藤理事長。

 日中に眠気が強いときは無理せずに仮眠を取ろう。ただ目をつむって安静にしているのに比べて、眠ってしまったほうがその後の眠気や疲労感が少なくなることが確認されている。ただし、仮眠は15分以内に。それ以上眠ると睡眠が深くなり、夜眠れなくなってしまう。事前に熱いコーヒーを飲んでおくといいだろう。熱い飲み物で体温が上がり、カフェインの作用によって短時間で目が覚める。

 どうしても眠い場合、「15分の仮眠を2回、3回とっても構わない」と遠藤理事長。深い睡眠にさえ入らなければ、夜の睡眠への影響は抑えられるという。

遠藤拓郎(えんどう たくろう)さん
スリープクリニック 理事長
遠藤拓郎(えんどう たくろう)さん 1963年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。2005年、スリープクリニック調布院長。その後、スリープクリニック銀座、スリープクリニック青山も開院。日本睡眠学会評議員。女子栄養大学客員教授。ほかの著書に『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』(フォレスト出版)、『合格を勝ち取る睡眠術』(PHP新書)など。
疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.