日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 睡眠時間は、体に負担をかけずにどこまで短くできる?
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

睡眠時間は、体に負担をかけずにどこまで短くできる?

ホルモンの分泌サイクルを知って眠りを最適化しよう

 伊藤和弘=フリーランスライター

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

 多忙なビジネスパーソンは毎日とにかく時間がない。仕方なく、つい削ってしまうのが睡眠時間だ。とはいえ、実際に睡眠時間を削るのはツラいし、睡眠不足が続くと健康面の心配も出てくる。

とにかく時間がないビジネスパーソン…。なるべく短い睡眠時間で効率的に体を休めるには?(©bowie15-123RF)

 適切な睡眠時間は6.5~7.5時間とされるが、はたして睡眠時間はどこまで削れるのか? 体に負担の少ない方法はあるのか? 短時間の睡眠を効率的にとるノウハウに詳しい、スリープクリニックの遠藤拓郎理事長に聞いた。

メラトニンが分泌される時間帯に眠る

 「睡眠時間を短くするには、短時間でも効率的に疲れを取れるように、睡眠を取る時間帯を最適にする必要があります。睡眠中は多くのホルモンが分泌されますが、特に成長ホルモンとメラトニンが分泌される時間帯に眠り、コルチゾールの分泌がピークに達する時刻に起床することが重要です」と遠藤理事長は話し始めた。

 成長ホルモンは眠りに入ってから3時間以内、最も深く眠っているときに分泌される。その名の通り体の発育を促すホルモンで、子どもは分泌量が多い。大人にも必要で、壊れた細胞を修復する働きがある。睡眠不足が続くと肌が荒れてくるのは、成長ホルモンの分泌が減るためだ。

 コルチゾールは別名ストレスホルモンと呼ばれ、ストレスがかかると分泌される。特に深夜3時を過ぎると分泌が増え、朝に向けて徐々に体温を上げていく。その結果、自然に目が覚めていくわけだ。

コルチゾールの分泌サイクル
深夜3時を過ぎると分泌が増え、朝に向けて徐々に体温を上げていくように作用する。
[画像のクリックで拡大表示]

 メラトニンは夜になると分泌されるホルモンで、眠気をもたらす作用がある。夜の9時頃から出始めて11時くらいに眠くなる分泌量に達し、朝の5時頃から減っていくことで目が覚める。起きた瞬間にはまだメラトニンが残っているため眠気があるが、「早朝に太陽の光を浴びるとメラトニンの分泌が止まり、すっきり目が覚めていきます」と遠藤理事長。

メラトニンの分泌サイクル
眠気をもたらす作用があるメラトニンは、夜の9時頃から出始めて11時くらいに眠くなる分泌量に達し、朝の5時頃から減っていく。体温の変化とは逆の変化をする。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、人間の体内時計は25時間周期になっているが、早朝に太陽の光を浴びることでリセットされる。したがって、昼過ぎまで寝ている人はどんどん体内時計が遅れていき、夜になかなか寝付けない体質になってしまう。

 同じ6時間眠るのでも、昼間に眠るのと夜に眠るのでは、体を休める効果が全然違う。それは“睡眠の質”が違ってくるからだ。成長ホルモンは就寝時間に関係なく分泌されるが、コルチゾールは明け方、メラトニンは深夜に分泌が増える。「深い眠りになるホルモンの分泌時間から考えると、0時から6時に眠るのがベストです」と遠藤理事長は指摘する。

 1980年代に米国で行われた約110万人を対象にした大規模な疫学調査から、「最も体にいい睡眠時間」が分かっている。6年後の死亡率を見ると、いちばん低いのは「6.5~7.5時間」眠っていた人たちだった(Arch Gen Psychiatry. 2002 Feb;59(2):131-6)。つまり、0時から6時をカバーする形で6時間半から7時間半眠れば理想的ということになる。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.