日経Gooday TOP  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 便秘と下痢は睡眠乱れのサイン?  > 3ページ目

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

便秘と下痢は睡眠乱れのサイン?

寝る前のドカ食いが睡眠の質を下げる負のスパイラルに

 佐田節子=ライター

30分早く寝れば便通も改善する

 なるほど、睡眠と便通は思った以上に深い関係にある。このような不調を改善していくためにも、白川代表は「おおもとにある睡眠不足を改めることが大切だ」と呼びかける。

 「まずは、いつもより30分早く布団に入る(30分多く寝る)ことから始めてみてください。もちろん、寝る間際のドカ食いはダメ。夕食は寝る3時間前までには済ませ、どうしてもお腹が空いて我慢できない場合は、カロリーが少なく、胃から早く排出されるもの、たとえばコンニャクのゼリーのようなもので空腹を紛らわせるといいでしょう」(白川代表)。残業などでどうしても帰宅が遅くなる場合は、オフィスでおにぎりだけでも食べておき、帰宅後に軽くおかずを取る“分食”でしのぐという手もある(関連記事:「朝食抜きが、朝の“時差ボケ”を招く」)。

 こうすれば朝には胃の中が空になっているので、朝食をおいしく食べられる。なお、胃・結腸反射を起こすには、それなりの量も必要。「流動食のようなものを流し込むのではなく、ある程度ボリュームのある固形物をしっかり噛んで食べることが大切」(白川代表)だという。

 胃が空の状態で30分早く寝て、朝はいつも通りに起きて、朝食を食べる。すると、朝食後に便意が起こるようになり、便通が改善する。睡眠時間が増えるので、日中の眠気も改善し、仕事のパフォーマンスも上がる。すると昼間の活動量が増え、夜もぐっすり眠れるようになる…。芋づる式にいろいろなことが良い方向に回り始めるというわけだ。

 「もちろん、睡眠や便通の悪化は長年の生活習慣がベースになっていますから、一朝一夕で良くなるものではありません。ただ、就床時刻を早くすると、体は1~2週間でそのサイクルに慣れてきますから、体の変化は比較的早く感じられるはずです。たとえ30分でも、早く床に就くメリットは大きいですよ」と白川代表は話す。

 便通のトラブルに思い当たる人は、早速、今日から始めてみては?

白川修一郎(しらかわ しゅういちろう)さん
睡眠評価研究機構 代表
白川修一郎(しらかわ しゅういちろう)さん 医学博士。専門は睡眠科学、脳生理学。東京都神経科学総合研究所研究員、国立精神・神経センター精神保健研究所老人精神保健研究室長などを経て、現職。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所客員研究員、東京都医学総合研究所客員研究員、江戸川大学睡眠研究所客員教授、日本睡眠改善協会常務理事、日本睡眠学会理事なども務める。

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.