日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 睡眠の質を決めるのは、枕の「高さ」と布団の中の「温度」  > 2ページ目
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

睡眠の質を決めるのは、枕の「高さ」と布団の中の「温度」

スッキリ疲れが取れる「枕」「敷き布団」「掛け布団」選びのポイント

 伊藤和弘=フリーランスライター

いい姿勢を保った上で、体圧を分散させる

 体を支える敷き布団には、ふたつの役割がある。

 まず、寝姿勢(寝るときの姿勢)の保持。「整形外科医もよく言うように、まっすぐ立っている状態をそのまま仰向けにしたのが、自然で無理のない寝姿勢です」と志村さんは話す。

 もうひとつは体圧(体にかかる圧力)の分散だ。仰向けに寝た場合、最も体重がかかるのは腰の部分。日本睡眠科学研究所の研究によると、頭部に8%、脚に15%の体重がかかるのに対し、胸(の後ろ)に33%、腰に44%もの体重がかかるという。このため、敷き布団が柔らか過ぎると、腰の部分が沈み、体がくの字になってしまう。

敷布団にかかる体圧の分布
仰向けに寝た場合、最も体重がかかるのは腰の部分。このため、敷き布団が柔らか過ぎると、腰の部分が沈み、体がくの字になってしまう。
[画像のクリックで拡大表示]

 そのせいか、柔らかい敷き布団は体に悪いと信じている人も多いが、「硬すぎても体の凸部分に負担がかかりやすいため良くありません。体重も関係があり、体重が多い人はしっかり体を支えられる硬めの敷き布団、軽い人は柔らかい敷き布団がお勧めです」と志村さん。

 寝姿勢の保持には硬いほうがいいが、体圧分散には柔らかいほうがいい。敷き布団はその相反する要素のバランスが重要であり、固すぎても柔らかすぎてもダメなわけだ。

 素材にはウールわたやウレタンが使われる。ウールわたは吸湿発散性に富み、蒸れにくい。一方で、ウレタンは耐久性が高い特長があり、どちらがいいと簡単には言えない。ウレタンの場合、床に敷きっぱなしにしているとカビが生えやすいので、「ときどき立てかけて風に当てなければいけません」と志村さんは注意する。カビを防ぐには、すのこベッドを活用する手もある。

 ウレタン製の敷き布団には「点で支える」、つまり表面が点字ブロックのようになっているものもある。こうすると圧力がかからない部分ができるため、血行を妨げにくくなるという。

 また、敷き布団と枕の高さも関係がある。敷き布団が柔らかければ体が深く沈み込むので、相対的に枕が高くなりがちだ。柔らかい敷き布団を使うなら、枕を低めにして、体の高さとのバランスを取らなければいけない。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.