日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 睡眠の質を決めるのは、枕の「高さ」と布団の中の「温度」  > 2ページ目
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

睡眠の質を決めるのは、枕の「高さ」と布団の中の「温度」

スッキリ疲れが取れる「枕」「敷き布団」「掛け布団」選びのポイント

 伊藤和弘=フリーランスライター

いい姿勢を保った上で、体圧を分散させる

 体を支える敷き布団には、ふたつの役割がある。

 まず、寝姿勢(寝るときの姿勢)の保持。「整形外科医もよく言うように、まっすぐ立っている状態をそのまま仰向けにしたのが、自然で無理のない寝姿勢です」と志村さんは話す。

 もうひとつは体圧(体にかかる圧力)の分散だ。仰向けに寝た場合、最も体重がかかるのは腰の部分。日本睡眠科学研究所の研究によると、頭部に8%、脚に15%の体重がかかるのに対し、胸(の後ろ)に33%、腰に44%もの体重がかかるという。このため、敷き布団が柔らか過ぎると、腰の部分が沈み、体がくの字になってしまう。

敷布団にかかる体圧の分布
敷布団にかかる体圧の分布
仰向けに寝た場合、最も体重がかかるのは腰の部分。このため、敷き布団が柔らか過ぎると、腰の部分が沈み、体がくの字になってしまう。
[画像のクリックで拡大表示]

 そのせいか、柔らかい敷き布団は体に悪いと信じている人も多いが、「硬すぎても体の凸部分に負担がかかりやすいため良くありません。体重も関係があり、体重が多い人はしっかり体を支えられる硬めの敷き布団、軽い人は柔らかい敷き布団がお勧めです」と志村さん。

 寝姿勢の保持には硬いほうがいいが、体圧分散には柔らかいほうがいい。敷き布団はその相反する要素のバランスが重要であり、固すぎても柔らかすぎてもダメなわけだ。

 素材にはウールわたやウレタンが使われる。ウールわたは吸湿発散性に富み、蒸れにくい。一方で、ウレタンは耐久性が高い特長があり、どちらがいいと簡単には言えない。ウレタンの場合、床に敷きっぱなしにしているとカビが生えやすいので、「ときどき立てかけて風に当てなければいけません」と志村さんは注意する。カビを防ぐには、すのこベッドを活用する手もある。

 ウレタン製の敷き布団には「点で支える」、つまり表面が点字ブロックのようになっているものもある。こうすると圧力がかからない部分ができるため、血行を妨げにくくなるという。

 また、敷き布団と枕の高さも関係がある。敷き布団が柔らかければ体が深く沈み込むので、相対的に枕が高くなりがちだ。柔らかい敷き布団を使うなら、枕を低めにして、体の高さとのバランスを取らなければいけない。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.