日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 「パジャマ離れ」が快眠を妨げていた  > 2ページ
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

「パジャマ離れ」が快眠を妨げていた

睡眠効率が悪化しがちなスウェット・ジャージ派

 佐田節子=ライター

パジャマは発汗と寝返りを助けてくれる

パジャマで寝るほうが睡眠効率がアップするという実験結果も。(©Artisticco LLC-123RF)

 パジャマに着替えるだけで、寝つきがよくなり、中途覚醒が減り、睡眠効率もアップするとは、ちょっとびっくり。いったいなぜなのだろうか。福田教授はこう分析する。

 「パジャマを着る効果は、大きく2つあると考えられます。一つは、衣服としてのパジャマの効用。そして、もう一つが眠るモードへの切り替え効果です」

 眠りにつくとき、体の中では大きな変化が起こっている。体温の急激な低下だ。

 「体温を下げるには体の熱を逃がす必要があるため、睡眠中はかなり汗をかきます。特に睡眠前半の1~3時間は、大量に発汗することで体温をぐんと下げ、体を深い眠りに導いている。このとき着ているものが、吸湿性や通気性に優れているかどうかは、体熱放散の仕組みからすると、非常に重要。スウェットなどの素材では、汗の気化が妨げられる可能性があります。要は、ぐっすり眠るには、それに適した衣類があるということです」と福田教授は話す。

パジャマで起きている時間と寝る時間を区切る

 もう一つのパジャマの効用は、「起きている時間」から「眠る時間」へと気持ちを切り替える心理的な効果だ。

 「睡眠の質という点から言うと、大事なのは、起きている時間と眠る時間をきちんと区切ること。部屋着のままだと、どうしてもこの区切りがつきにくいが、パジャマに着替えると『これから寝るぞ』という気持ちに自然と切り替わる。寝るモードに切り替える有効なツールの一つが、パジャマと言えるわけです」と福田教授。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.