日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 脚がむずむずして眠れない…それは病気です!
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

脚がむずむずして眠れない…それは病気です!

20~50人に1人が発症、うつや高血圧につながる恐れも

 伊藤和弘=フリーランスライター

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

布団に入っても、脚がむずむずして眠れなかったことは?(©Rommel Canlas-123RF)

 夜、布団に入っても、脚がむずむずして眠れなかった、という経験はないだろうか? 実はそれ、「むずむず脚症候群」という睡眠障害につながる病気とされ、日本では20~50人に一人が発症すると推定されている。一見大したことがなさそうだが、ひどい人は深夜まで何時間も症状が続くというからバカにできない。睡眠時間が削られることで疲労感や眠気が残れば、日常生活に支障を来すのは必至。うつ病や不安障害につながることもあり、高血圧のリスクも高くなるという。

 「18世紀から症状は知られていましたが、1945年にスウェーデンの神経学者カール・エクボムによって『レストレスレッグス・シンドローム』(Restless Legs Syndrome)と名付けられました」と話すのは、睡眠総合ケアクリニック代々木(東京都渋谷区)の井上雄一理事長だ。

 直訳すれば「落ち着かない脚症候群」。それを日本では、むずむず脚症候群と呼んでいる。

脚の奥がむずむずして、じっと寝られない

 「この病気には4つの特徴があります」と井上理事長は続ける。

脚に不快な感覚が起きて動かしたくなる。
② 座っているときや横になっているときなど、安静時に起こる
③ 歩くなど、脚を動かすと楽になる
④ 症状は夜間のみ、または夜になると悪化する。

 一番の特徴は「脚に不快な感覚が起こり、動かさずにはいられなくなる」こと。その不快感を「むずむず」と表現する人が多いわけだが、他にも「痛い、かゆい、チリチリする、虫がはっているような、と人によっていろいろな表現があります」と井上理事長。また、表面ではなく、筋肉の内部など奥のほうに違和感が出ることも共通している。症状を感じる部位は、足首から下、ふくらはぎ、太もも、と脚ならどこでも起こりうる。必ずしも脚だけとは限らず、井上理事長によると、「腹部、腕、首や顔に起こる人も15%ほどいる」という。

 実は決して珍しい病気ではなく、欧米では5~10%もの人が症状を訴えている。アジア人はそれよりも少なく2~4%と言われているが、どの国でも女性が男性の1.5倍ほど多い。つまり、患者10人のうち、男性4人、女性6人という比率になる。

 「臨床現場では50代以上の高齢者が目立ちますが、アジア人の疫学調査では年齢による差は見られなかった。子どもに起こることも珍しくありません」(井上理事長)

 腎不全、パーキンソン病、鉄欠乏性貧血、リウマチ、妊婦の人は特になりやすいことが知られている。抗うつ薬の副作用で起こることもあるという。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.