日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 春の眠気対策、夕方から夜にやるべき“睡眠儀式”とは?  > 2ページ
印刷

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

春の眠気対策、夕方から夜にやるべき“睡眠儀式”とは?

夕方にネクタイを緩めて、体をリラックスモードに

 佐田節子=ライター

4時間睡眠が1週間続けば徹夜と同じ

 「睡眠不足の日が続くと、注意力や判断力、集中力の低下など、脳の働きは確実に低下します。寝る間も惜しんで働くというと聞こえはいいですが、パフォーマンスの観点からすると、実は非常に効率が悪いのです」と白濱さん。

 睡眠時間とパフォーマンスとの関係を調べた興味深い実験がある(出典:SLEEP (26),p.117-126,2, 2003)。それによると、例えば4時間睡眠を続けたグループは、1週間後にはひと晩徹夜したグループと同じくらい作業ミスが増加することが分かった。さらに12日後には、まるまる2日徹夜をしたグループと同程度にまでミスが増えた。

 ひと晩徹夜をすると翌日はビール大瓶1本程度を飲んだ時と同じくらいパフォーマンスが低下するという研究報告もある(関連記事「睡眠を削る人は出世できない!?」)。

 「とりあえず毎日4時間は寝ている」という人も、そんな状態が続くとパフォーマンスは徹夜明けと同程度にまで落ちるというのだから、すぐに改善する心掛けが必要だ。

 「さらには、睡眠不足による注意力の低下から、重大事故一歩手前の“ヒヤリハット”が起こったり、最悪の場合、実際に事故につながったりすることも。もちろん、体への悪影響も心配です。慢性的な睡眠不足が続くと、肥満や高血圧、糖尿病、心筋梗塞などの病気のリスクが上がることが分かっています。気力任せで突っ走ると、必ずどこかにしわ寄せが来る。そうなる前に、睡眠の大切さに早く気づいてほしい」と白濱さんは強調する。

朝の電車で眠いようなら赤信号

 では、何時間眠ればいいのか。いくつもの大規模調査などによると、7時間前後の睡眠が最も死亡リスクが低く、寿命が長いと報告されている。ただし、適切な睡眠時間は個人によっても、年齢によっても異なる。同じ6時間睡眠でも、それで十分という人もいれば、全然足りないという人もいるのだ。

 そこで、まずは睡眠不足に陥っていないかどうか、下の質問項目でチェックしてみよう。例えば、午前中なのにすでに眠い、大事な会議中にウトウトする、作業ミスが多い、電車に乗るとすぐ寝てしまう…といった人は、睡眠不足の可能性が大だ。

睡眠不足のチェックリスト
□目覚めが悪く、なかなか起きられない
□午前中から居眠りしそうになる
□大事な会議や商談中に眠気に襲われ、集中できない
□仕事のケアレスミスが多くなった
□昼寝をしても、まだ眠い
□電車の座席に座ったとたん、“寝落ち”してしまう
□週末は普段より2時間以上多く寝ている
1つでも当てはまれば睡眠不足の可能性がある。思い当たる項目が多いほど、睡眠不足が深刻といえる。

 なお、自分にはどのくらいの睡眠時間が必要なのかを知るには、休日を利用して目覚ましなしで起きてみるといい。

 「自然にすっきりと目覚め、日中を元気に過ごすことができる。そんな眠りが、その人にとっての最適な睡眠時間です。1週間ほど、目覚ましなしで自然に起きるようにしてみると、自分に必要な睡眠時間が分かってきます」と白濱さん。目前に迫った大型連休にやってみてはいかがだろうか。

疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.